若槻千夏 漢字の読み方分からず「娘にバカがバレてる」

若槻千夏

 タレントの若槻千夏(34)が2日、都内で「クマタンのでっかい絵本読み聞かせイベント」を開催し、集まった子供たちを喜ばせた。

「クマタン」は、若槻が2009年にアパレルブランドを立ち上げた際に生まれたキャラクターだ。このほど自らストーリーを書き「おやすみクマタン」「クマタンとうんち」「たべたよクマタン」の3冊の「しつけ絵本」を出版。かつての“おバカタレント”のまさかの絵本作家デビューに、本人も「最初は1冊と思ってたのに、まさか3冊同時発売とはビックリ」と驚くばかりだ。

 自身も6歳の女の子と1歳の男の子を持つ2児の母。娘に道端の看板の漢字の読み方を聞かれても分からず「娘にバカがバレてる」と、相変わらずの“おバカっぷり”だが、育児に関しては真剣そのもの。今回出版する3冊の「しつけ絵本」も、自身の子育ての苦労をベースとして生まれたものだ。

 しかし、現実の評価はさにあらず。「ママタレの仕事がこない…」と嘆いている。それだけに「絵本出すって、これもう最終手段ですよね!?」と、今回がママタレとして認知してもらえるラストチャンスだと捉えている。

 同じ所属事務所には同い年の“ママタレ女王”こと小倉優子(34)がおり、その牙城は高いが「しつけ絵本」を足掛かりに、若槻も“ママタレ”の仲間入りを果たすことができるか?

【関連記事】

  • 若槻千夏 不思議な夫婦生活告白「夫と一度も手をつないだことがない」
  • 杉浦太陽 辻希美との“ガチ離婚危機”を初告白「家出とかブログには書けない」
  • 松本人志 狩野英孝に「加藤紗里と復縁してほしい」
  • 坂上忍“タメ口”OKの境界線に若槻千夏ら「え~っ!」
  • 若槻千夏 、 小倉優子 、 おバカタレント を調べる
東スポWeb