永瀬正敏×菜 葉 菜W主演、失踪を巡るサスペンス『赤い雪』公開

映画『赤い雪 Red Snow』出演キャスト

 永瀬正敏と菜 葉 菜がダブル主演を務め、夏川結衣、井浦新、佐藤浩市が出演するミステリー・サスペンス映画『赤い雪 Red Snow』の全国公開が2019年2月に決定した。

【写真】「永瀬正敏」フォトギャラリー

 雪が降り続く小さな村で一人の少年が突然失踪。消えた少年と一緒にいた兄・白川一希の曖昧な記憶に捜査が混乱する中、江藤早奈江が事件の容疑者として浮かび上がるも、完全黙秘で結局無罪となった。事件から30年が経過し、雪で弟を見失う悪夢に毎夜苛まれ、自分を責め続ける一希の元を、早奈江の一人娘・早百合を発見した事件記者の木立省吾が訪ねてくる…。

  大ヒット映画『64‐ロクヨン‐』のプロデューサー・浅野博貴が同作に出演した永瀬ら4人を再びキャスティング。永瀬が一希役を、菜 葉 菜が早百合役を務めるほか、夏川が失踪事件の容疑者である早奈江役を担当。井浦が記者の省吾に、佐藤が早奈江の内縁の夫で、早百合と同居する宅間隆に扮する。国内外の映画祭で受賞した経験を多数持つ、新進気鋭の甲斐さやか監督が、実話を基としたオリジナル脚本で長編映画デビューを果たした。

 永瀬は「初めて脚本を読ませていただいた時、読み進めながらドンドン作品の世界観に引き込まれていきました。そして最終ページを読み終わった直後、この物語の中に自分の身を置いてみたいと願いました」と、本作の持つ魅力をコメント。「『赤い雪』この深いタイトルに込められた世界を楽しんでいただければと思います」と語っている。

 菜 葉 菜は「監督とは何度もデスカッションし思いを共有しあえたつもりでしたが、撮影に入ると全てぶっ飛んでしまうほどとてつもない戦いが待っていました。私が思う早百合とそうではない早百合が脳裏を行き交い、もがき苦しみもしました」と、撮影時の途方もない苦労を吐露。その上で、「それでも、この映画に賭ける強い思いが心の中で散らす火花を打ち消し、愛すべき早百合と一つになって飛び立てたと思います。全編が絵画のように美しく重い作品に仕上がっています」と、出来栄えに胸を張った。

  映画『赤い雪 Red Snow』は2019年2月より全国順次公開。

【関連記事】

  • 【写真】「井浦新」フォトギャラリー
  • 【写真】「夏川結衣」フォトギャラリー
  • 綾野剛、浅野忠信の暴走アドリブに苦戦 「本当にカオス状態だった」
  • 岩田剛典、大女優ビノシュは「フランスのお母さん」『Vision』舞台挨拶
  • 河瀬直美監督『Vision』、ジュリエット・ビノシュ&永瀬正敏がダブル主演決定
失踪