東京五輪でダンスブーム到来も…振付師が抱えるギャラ問題

SAMとMIKIKO(C)日刊ゲンダイ  東京五輪に向け、振付師(コレオグラファー)の需要が高まっている。五輪まであと2年を切り、数々のセレモニーやイベントが行われており、オープニングを飾るダンスパフォーマンスが増えているのだ。今回、野村萬斎らの「東京2020開会式・[……続きへ]