「必ず報いが」杉原杏璃に殺害予告…熱烈ファンの歪んだ愛

「必ず報いが」杉原杏璃に殺害予告…熱烈ファンの歪んだ愛

被害に遭った杉原杏璃(C)日刊ゲンダイ

「刺し殺すぞ。故郷の広島に帰れないと思え」「必ずすさまじい報いが現れるだろう」(原文ママ)

 人気グラビアアイドル杉原杏璃(36)の公式ブログに殺害予告を書き込んだ脅迫の疑いで、千葉県に住む無職の男(49)が21日、警視庁に書類送検された。

 関係者によると、男は昨年12月17日、東京・新宿の福家書店で開催された「杉原杏璃2018年カレンダー発売記念握手会」にやって来たが、会場はパーテーションで区切られており、事前予約してカレンダーの「引換券兼握手会参加券」を持っていないと入場できない仕組みだったことに腹を立て、スタッフに詰め寄ったという。

「『せっかく来たんだから、1つくらい余りがあるだろう。それを買うから中に入れろっ!』と大声でわめき散らし、押し問答になっていました」(現場にいた関係者)

 男は、以前から杉原の熱心なファンだったようだが、トラブルを起こしたのは今回が初めてだという。

「杉原の所属事務所宛てに『今度一緒に旅行しよう』とか『君のために曲を作った』といった内容の手紙やメールをたびたび送っており、事務所も“警戒”していたようです。しかし今回、握手会に参加できなかったことを逆恨みして犯行に及んだと思われます」(捜査事情通)

 年が明けた1月下旬、公式ブログに彼女を脅迫する文言が書き込まれ、危険を感じた事務所はすぐさま警察に相談。大事に至らなかったことにホッと胸をなで下ろしているという。

 杉原本人はツイッターで「この度は、ご心配おかけしてすみません。皆さん気にかけてくださって、ありがとうございます」とコメント。

 ファンも「本当に何事もなくて安心しました」「杉原さんは悪くないからがんばってね」などとリツイートしている。

 杉原は現在、投資関連など、グラビア以外の仕事にシフトしてきており、“Gカップボディー”を間近で拝める機会は減りつつある。それだけに、男もよほど杉原に会いたかったのかもしれないが……男は調べに対し、「杏璃を愛しているのだから、そんなことはしない」と容疑を否認。こういうのを“ゆがんだ愛”という。

【関連記事】

  • 元AKB48岩田華怜につきまとい 42歳ストーカーは元日立社員
  • 菊池桃子はタクシー運転手に 芸能人悩ますストーカー対策
  • 自民党の“イケメン埼玉県議” ストーカー容疑で書類送検
  • 女性を20年間ストーカー 粘着男の父親は目に涙を浮かべ…
  • はじめしゃちょー宅侵入で逮捕 29歳ストーカー女の妄想癖
杉原杏璃