<半分、青い。>「仙吉さん」トレンド入り…仙吉じいちゃんにファン「ありがとう」

8/16(木) 8:50配信

仙吉への感謝の言葉でSNSが沸いている…

ヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)の半生を描く連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。8月16日放送の第118回で描かれた展開に、ファンの間で悲しみが広がっている。(以下、ネタバレが含まれます)

【写真を見る】仙吉(中村雅俊)のギター弾き語り…カッコよすぎる!

■ 五平餅の味を鈴愛に託し、仙吉は…

鈴愛が言い出した「つくし食堂2号店」の実現に向けて走り出した楡野家。鈴愛は、仙吉の五平餅の味を受け継ぐべく猛特訓。星一徹なみのスパルタ特訓を経て、第117回(15日放送)でついに仙吉も認める五平餅を作ることに成功した。

そして16日に放送された第118回。15日夜には脚本家の北川悦吏子氏が自身の公式Twitterで「8.16木曜日文春でも予告した通り、『半分、青い。』神回です。出来上がりが神でした。私の本より。ぜひ、ぜひお見逃しなく」とツイートし、注目の集まる回となった。

第118回、2号店の完成を誰よりも楽しみにする仙吉は、「幸せや…」と、これまでの人生を振り返っていた。

花野がきつねのぬいぐるみに「ココンタ」と名前をつけたことを聞いた仙吉は、「センスええなぁ。実はなカンちゃん。大ちゃんも名前がつけてみたい。今度の五平餅の店に」「カンちゃんと大ちゃんと、ココンタだけの秘密な」と店の名前案を明かす。名前案を花野に「カッコいい!」とほめられ、嬉しそうに微笑んだ仙吉は、花野をおなかの上にのせたまま、うとうと…。

仙吉の妻・廉子(風吹ジュン)の「楡野仙吉。1920年生まれ。戦争に行ったり、名前をつけさせてもらえなかったり。ふふっ、いろんなことがあったけれど、最後は可愛いひ孫の体温を感じながら、初夏のさわやかな晴れた日に…御年88歳、大往生でございます」の言葉に送られ、旅立った。

SNSでは、仙吉の最期を見届けたファンからの惜別の声が殺到。「仙吉さん」がトレンド入りし、「おじいちゃん!おじいちゃああああああん!」「仙吉さんが…」といった悲しみの声に混じり、「仙吉さん、カッコいいおじいちゃんだった」「いい言葉が多かった。ありがとう」「大好きだった!」「いい死に方だよね」「本当に、お疲れさまでした」といった温かいメッセージがあふれている。

■ 「五平餅作るの嫌になった」過去も

仙吉は、鈴愛の波乱万丈の人生を温かく見守ってきた。

高校卒業時、就職活動にことごとく失敗する鈴愛に農協就職の話を取り付け、鈴愛がそれを蹴って「漫画家になりたい!」と言い出しても「行ったらいい」「夢は見てるだけでぜいたくや。夢見てる時間だけでも、モト取れるな」と真っ先に賛成した。

鈴愛が漫画家を辞める決心をしたときには「9年頑張って、本も何冊か出して、ああ、御の字や」「どうにでもなるぞ。大丈夫や。人間はな、強いぞ」と温かく励ました。

第117回では、草太(上村海成)のカツ丼が評判になった裏で「おじいちゃん、拗ねてまって、五平餅作るの嫌になってまった」と鈴愛に告白。漫画家を挫折した自分を「カッコ悪い」とまだ受け入れられずにいた鈴愛の心を「人間ちゅうのは、大人になんかならへんぞ。ずっと子供のままや。競争したら勝ちたいし、人には好かれたいし、お金は、欲しい」と、優しく解きほぐした。

「五平餅焼いて、おいしいって食べてくれる人がいて、これでよかったんやと思った。それだけのことや」。仙吉が五平餅になぞらえて語った人生観は、自分の過去と今を肯定して前に進むこと。仙吉は一貫して、「“今”に満足すること」の豊かさを教えてくれた。

■ ギター弾き語りが「カッコいい!」と話題に

仙吉が“主役”になった回も。第53回(6月1日放送)では、草太を相手に「学生街の喫茶店」「真夏の果実」のギター弾き語りを披露。第80回(7月3日放送)では、それまで語ってこなかった戦争体験を鈴愛に打ち明け、「あの素晴らしい愛をもう一度」を歌い上げた。

この回はどちらも大きな話題に。SNSなどでは「カッコいい!」「こんなおじいちゃんが欲しかった」といった喝采や、「仙吉じいちゃんの歌に心が洗われた…人間は強い」「素敵な歌をありがとう」「ボロ泣きした…」といった感動の声が飛び交った。

■ 秋風羽織も魅了した“真実の味”

鈴愛の漫画の師匠で「半分、青い。」きっての人気キャラクター・秋風羽織(豊川悦司)も、そんな仙吉に魅了された一人だ。

“真実”を愛する秋風は、仙吉の作る五平餅を一口食べて「真実の味だ…」と感激。第46回(5月24日放送)では仙吉と酒を酌み交わすため梟町を訪れているし、そもそも秋風が鈴愛を採用したきっかけも五平餅が気に入ったからだ。

秋風の仙吉への思いは相当なもので、“全員アドリブ”と話題になった第92回の結婚式ビデオのメッセージでも「今日は、久しぶりに仙吉さんと酒を飲んだ」と嬉しそうに仙吉の名前を出している。

「半分、青い。」と鈴愛の人生の随所で存在感を発揮してきた仙吉は、五平餅を置き土産に旅立った。17日放送の第119回では、そんな仙吉亡き後の楡野家が描かれる。

■ 第119回は、楡野家が仙吉の「想い」を探る

「つくし食堂2号店」ほぼ完成。しかし、店の名前が決まらない。宇太郎(滝藤賢一)は仙吉に店の名前をつけてほしいと考えていたが、仙吉の思いを知っているのは花野(山崎莉里那)だけ。

鈴愛は何とかして聞き出そうとするが、花野は仙吉との約束だから誰にも話せないと、決して店の名前を言おうとしない。そこで鈴愛は、律(佐藤健)に電話をし、花野から聞きだして欲しいと頼む。

イヌの名前に始まり、鈴愛の名前、花野の名前…「名前をつけたい」と長年願いながら、果たすことなく旅立った仙吉。つくし食堂2号店に仙吉の名前案がつく日は来るのだろうか…。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • <半分、青い。>律&カンちゃんの仲良しぶりに「かわいすぎ」「なんで親子じゃないの!?」の声
  • <半分、青い。>松雪泰子&原田知世が演じる“母の友情”に視聴者“涙”「ホロッときた」
  • <半分、青い。>「さすが鈴愛のこと分かってる(笑)!」律ら“梟会”のツッコミに称賛!!
  • <半分、青い。>「これぞ鈴愛&律!」2人の“恋愛を超えた”関係に視聴者興奮!!
  • <半分、青い。>鈴愛の娘“カンちゃん”が視聴者魅了!「癒やされる!!」「いじらしい…」応援の声集まる
仙吉