「ハイスコアガール」がアニメになるまで 制作統括・松倉友二のこだわりとJ.C.STAFFの挑戦

制作統括を務めた松倉友二さん

 7月13日に放送開始したテレビアニメ「ハイスコアガール」も、8月10日の放送で第5話を迎えます。大野晶という無口美少女との衝撃的な出会いと別れが描かれた小学生編が終わりを告げ、第4話からスタートした中学生編では、新たなヒロイン・日高小春が登場。早くも視聴者の人気を二分する勢いで、その魅力を振りまいています。

【画像】「ハイスコアガール」ビジュアル(左から日高小春、矢口春雄、大野晶)

 原作は、月刊『ビッグガンガン』(スクウェア・エニックス)で2010年に連載開始した押切蓮介さんによる同名マンガ。格闘ゲームブームに沸きに沸いた1990年代のゲームセンターを舞台に、あのころのノスタルジーと甘酸っぱい恋模様を詰め込んだ異色のラブコメディーです。

 ねとらぼでは、アニメの制作統括を担当しているJ.C.STAFFのチーフプロデューサー・松倉友二さんにインタビュー。筐体を探しに走り回ったというゲーム愛に満ちたエピソードから、アニメの中にゲームの映像をはめ込むという異例のチャレンジ、これまでの放送で寄せられた反響など、制作陣だからこその裏話をお届けします。

そして「ハイスコアガール」へ

―― 「ハイスコアガール」の話に入る前に、まず、松倉さんについてお聞きしていきます。1992年に専門学校を卒業後、J.C.STAFFに入社し、20代という若さでプロデューサーに就任。J.C.STAFFでは全ての作品に携わっていますが、そういったスタンスはいつごろから始まったのでしょうか。

松倉友二(以下、松倉) 「少女革命ウテナ」(1997年)が終わった後なので、たぶん98年ぐらいからです。

―― プロデューサーになってすぐのころですね。他のアニメ制作会社も含め、全ての作品に携わるプロデューサーというのは珍しいと思います。

松倉 そうですね。半分は結果論なのですが、テレビ版「ウテナ」をやったときは名刺上ではまだプロデューサーではなく、上司がいたり、同じ並びのラインプロデューサ-が何人かいたりという状況だったんです。でもアニメ業界では目立った存在だったみたいで、20歳のころから有名だったんです。

―― 有名というのは?

松倉 J.C.STAFFに元気のいい若手が入ってきたぞ、みたいな。20歳で制作進行から半年たたずで一本立ちしたんですけど、そのとき組んだのが高山文彦さん(※1)という、業界内では超有名な演出家/監督だったんです。高山さんと最初に作ったアニメが「超時空世紀オーガス02」(OVA)というタイトルなんですけど、キャラクター原案が美樹本晴彦さん(※2)なんですね。それで、美樹本さんにキャラクター上げさせた20歳の若手がいるぞと(笑)。

松倉 あの時代に、クリエイターや制作会社の人とか、いろいろな人と出会って関係ができていきました。メーカーさんとも同じように関係ができていって、その結果、仕事の話が自分に来るようになっちゃったんです。

―― 20歳で一本立ちというのもすごいですが、出てくる名前がレジェンド級ばかりなのも驚きます。その中で、思い出深い作品というと?

松倉 やっぱり、「オーガス02」と初めてのテレビ作品である「ウテナ」ですね。それから、四半世紀をへて「ハイスコアガール」にたどりつくという……。自分がもともとゲーム業界出身ということもあって、ずっとゲーム好きというのは公言していたし、ゲーム関連の仕事もいろいろやらせてもらっていたんですけど、その中で1つ像を結んだというか。

―― ゲーム業界で働かれていたのはいつごろの話ですか?

松倉 18歳から20歳まで、実質2年間しか籍を置いていなかったんですけど、京都にある「トーセ」というゲーム会社で働いていました。業界では超有名な、いろんな意味ですごい会社です(笑)

―― 「トーセ」といえば有名タイトルを多数手掛けながら、名前はほとんど表に出てこないことから影武者とも称される……。時期的には、学校に通いながらだったんですか?

松倉 そうですね。朝は学校、午後になったらゲーム会社、夜はゲーセンでバイト、そういう生活でした。

―― ハードな学生生活ですね。「ハイスコアガール」の制作に当たっては、所持しているゲーム機をモデリング用に貸し出したと聞きましたが、集めるのもお好きなんですか?

松倉 好きですね。基板も買っていましたし、ハードも、基本的には出ているものは全部1回は触れたいと思っているので。アニメの制作を始めてからは貧乏だったので、中古でネオジオ買うのも大変だったりとか、セガサターンが驚愕の値段だったりして、生活をかなり圧迫しました。

※1 高山文彦:アニメ監督、脚本家。「機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争」(監督)、「WXIII 機動警察パトレイバー」(総監督)など。J.C.STAFFでアニメ化された「青い花」「アリスと蔵六」ではシリーズ構成と脚本を担当。

※2 美樹本晴彦:アニメーター、イラストレーター。「超時空要塞マクロス」「メガゾーン23」「トップをねらえ!」などでキャラクターデザインを担当。2016年放送の「甲鉄城のカバネリ」ではキャラクター原案を手掛けている。

次ページは:最初は反対された3DCG

1/4ページ

【関連記事】

  • アニメ「ハイスコアガール」1話スタート! あの日、ぼくらは薄汚いゲーセンで夢を見ていた
  • 「日本の製作委員会方式は岐路」 Production I.Gとボンズのトップが明かす「Netflixとの業務提携の真意」
  • 表現することが生きることそのもの――のんに聞く「この世界の片隅に」から2年後の自分
  • 「人を創り出す行為」は何を生むのか 村田和也が明かす「A.I.C.O. Incarnation」への思い
  • なぜ大穴は理不尽がいっぱいなのか 『メイドインアビス』の作者つくしあきひと、初インタビュー
挑戦