『フィニアスとファーブ』声優による同窓会トークショー開催! 変わらぬ人気に大感激

『フィニアスとファーブ』声優による同窓会トークショー開催!(左から)ドゥーフェンシュマーツ博士役の多田野曜平、キャンディス役の永田亮子、フィニアス役の宮田幸季、イザベラ役の河原木志穂

 ディズニー・チャンネルで放送中の『マイロ・マーフィーの法則』に、『フィニアスとファーブ』のキャラクターたちが出演する特別エピソード『マイロ・マーフィーの法則/フィニアスとファーブ現象』が日本初放送されるのを記念して、『フィニアスとファーブ』の声優陣による同窓会トークショーが都内で開催された。フィニアス役の宮田幸季、キャンディス役の永田亮子、ドゥーフェンシュマーツ博士役の多田野曜平がゲストとして登場すると、熱心なファンから大きな拍手が沸き起こり、番組の変わらぬ人気に大感激の様子をみせた。

【写真】『フィニアスとファーブ』のクリエイターが手掛ける『マイロ・マーフィーの法則』

 『フィニアスとファーブ』の最後のエピソードの収録が3年前。久々にキャラクターを演じた宮田は「『フィニアスとファーブ』のキャラクターが出てくるかもしれないと言う話は事前に聞いていたんですが、これがこんなに早く実現するとは」と喜んだ。一方で、多田野は「定年したおじさんみたいに何もかもやり尽くしただけに、3年振りに調子が出るのに時間がかかった」と冗談を交えながら、収録時を振り返った。

 質問コーナーでは「演じるキャラクターに似てきたことはありますか?」といった質問に、宮田が「電子機器が苦手でフィニアスとは似てない。でもマイペースで物怖じしないところは似ているかも」と答え、それに対して「マイペースというよりもがっちりと仕切るところが似ている」と多田野が指摘。さらに、永田からは「イタズラ心があるところが似ていて、ジンギスカン味のアメを配ったりしていた」と、宮田の思わぬ一面が明かされた。

 多田野は「ドゥーフェンシュマーツ博士に似ているというよりも、俺がドゥーフェンシュマーツなんじゃないか」と話し、運命的なキャラクターだったとコメント。実は多田野は『マイロ・マーフィーの法則』でも重要なキャラクターであるダコタ役で出演しており、今回の特別エピソードではドゥーフェンシュマーツ博士とダコタの掛け合いシーンも登場する。

 最後にゲストの3人と本イベントのMCを務めたイザベラ役の河原木志穂が本作の見どころを紹介。宮田は「いつも前向きでうまくいくフィニアスとファーブと、ハプニング続きのマイロの科学変化を是非見て欲しい」とコメント、永田は「今回の敵になるピスタッチオをどう倒すか。やっつけるアイテムがすごくこの作品らしくて面白い。あとは隠れたキャラクターを探して欲しい」と語った。そして、多田野は「ダコタがいっぱい出て来るシーン」を見どころにあげ、河原木は「イザベラがいつもの格好ではないシーンがある。気になるので是非見て欲しい」と話した。

 今回放送される『マイロ・マーフィーの法則/フィニアスとファーブ現象』は、街がピスタチオのモンスターに乗っ取られていることを知ったマイロたちが事態を解決するために乗り出すというもの。マイロは、同じ街「ダンヴィル」の住むフィニアスとファーブの協力を得て、モンスター撃退の策を立てる。クリエイター陣が同じならではの共通点や伏線、さらにまさかのゲスト出演もあり、見応えたっぷりとなっている。

 『マイロ・マーフィーの法則/フィニアスとファーブ現象』は、ディズニー・チャンネルにて本日(8月10日)18時30分より日本初放送。

【関連記事】

  • 夏休みの楽しみ方はこの兄弟から学ぼう!「フィニアスとファーブ」が別番組の危機を救う!?
  • <インタビュー>『マイロ・マーフィーの法則』声優・小松史法&丸山有香がマイロの魅力を語る!
  • プリンセス集合シーンも!『シュガー・ラッシュ:オンライン』新予告解禁
  • 『インクレ』ファミリーがレトロな大豪邸に大はしゃぎ! 特別映像解禁
  • 『インクレディブル・ファミリー』60年代を意識したアクション映像到着
クランクイン