生誕100年 いわさきちひろはいかに絵の世界を紡いでいったか

8/10(金) 17:00配信

 いわさきちひろといえば、その愛らしい絵で子供から大人まで人気の高い絵本作家である。生誕百年を記念する本展では、新出の資料や約二百点に及ぶ作品を通じ、「絵描き」としての足跡と人生に迫る。

 幼い頃から絵が好きだった彼女は画家を夢見るが両親に反対される。20歳の時に結婚し、2年で夫と死別。戦中に家を失うなどどん底を味わう。戦後、日本共産党に入党し、新聞の挿絵を描くなど絵描きとして活動を始めた。

 展示室には代表的な絵本作品と共に、絵雑誌『コドモノクニ』、ローランサンやコルビッツなど、ちひろが影響を受けた資料や作品、さらに奇跡的に戦火を免れた若き日の素描や油絵も並ぶ。彼女がいかに自らの絵の世界を紡いでいったかを知ることができる。

 戦中、戦後という厳しい時代に女性画家として逞しく生きたちひろ。その作品には優しさと共に表現への渇望と信念が宿っている。

INFORMATION

『生誕100年 いわさきちひろ、絵描きです。』
~9月9日 東京ステーションギャラリー 03-3212-2485
https://100.chihiro.jp/

林 綾野

【関連記事】

  • 世界で闘うとはこういうことだ 先駆者・藤田嗣治の大回顧展
  • モネと同年代の異才・ルドンの意外な生い立ちとは? 「ルドン ひらかれた夢」展
  • 絵画か、写真か、映像か? 小瀬村真美作品が示す、イメージの本質
  • そんなつもりじゃないのに「赤ちゃんが泣き止む」絵本の秘密 
  • 「絵本屋さん大賞」で圧倒的支持を得る“ヨシタケシンスケ作品”とは
文春オンライン