『ハゲタカ』第2章突入! 綾野剛が解雇の急展開に「面白くなってきた」

綾野剛

 俳優の綾野剛が主演するドラマ『ハゲタカ』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第4話が9日に放送された。小林薫演じる飯島との対決が決着し、第2章に突入した今話。高嶋政伸演じる滝本誠一郎、筒井道隆演じる諸星恒平という新たなキャラクターも登場し、ストーリーは加速。SNSでは「展開が早すぎてドキドキするわっ!!」「3話までも面白かったけど、4話の面白さは異常だったな」と大きな反響を集めた。

【写真】綾野剛のイケメンオフショット

 鷲津(綾野)の策略で三葉銀行の隠し口座の件が公となり、常務取締役の飯島(小林薫)が失脚してから9年。ホライズンジャパン・パートナーズは、大手電機メーカー「あけぼの」の買収を画策していた。その矢先、三葉銀行を辞め、企業再生のスペシャリストとして活躍していた芝野(渡部篤郎)が「あけぼの」の再生担当執行役員に就任する。それを知った鷲津は、買収の件を一旦保留とし、芝野を警戒する。しかし、アラン(池内博之)はその判断に反発を示すのだった。

 そんな中、PCメーカー「ファインTD」の社長・滝本誠一郎(高嶋)が「あけぼの」買収に動き始める。滝本はカリスマ経営者として名を馳せている男だが、一方で業績拡大のためなら手段を選ばないという強欲な一面も持っていた。「あけぼの」を買収することでさらなる事業拡大を図ろうとする滝本は、芝野と社長の諸星恒平(筒井)に救済的買収を提案するが…。

 アランの裏切りから物語が急展開した第2章。綾野演じる鷲津がホライズンを解雇されるという流れに、放送終了後にはSNSで「衝撃的な展開だ」「更に面白くなってきた~~~!」というコメントが多数寄せられるとともに、綾野の演技に「かっこよすぎて魅了された」「ここへきて綾野剛の凄みをめちゃくちゃ感じる」と高評価が寄せられた。

 また、高嶋の怪演っぷりも話題に。「高嶋政伸さんの演技が最高!いつの日からか、奇人変人悪人は高嶋政伸が一手に引き受けてる感ありますよね。だって面白いもんなぁ~」「もう出てきた瞬間から面白かった」「高嶋政伸さんはほんとピッタリ」という声も相次いだ。

【関連記事】

  • 【写真】「綾野剛」フォトギャラリー
  • 『ハゲタカ』第1章、終結! 綾野剛は名言連発「死ぬこと以外かすり傷」
  • 綾野剛「フランス製だぁ!」の決めゼリフに視聴者熱狂『ハゲタカ』2話
  • 綾野剛がカッコいい『ハゲタカ』初回 NHK版との違いにも注目集まる
  • 石原さとみの“美しすぎる背中”に大興奮の声 『高嶺の花』第5話
ハゲタカ