さんま「酔うてるからええやん」もう通じない? 「酒の勢い」に女性陣ヒンシュク

明石家さんまさん

 ソチ五輪フィギュアスケート代表でプロスケーターの村上佳菜子さん(23)が、経験談を交え「酒に酔った勢いで近づいてくる男性がすごく嫌」と述べたところ、お笑いタレントの明石家さんまさん(63)が「酔うてるからええやん」と返し、インターネット上で一部から顰蹙を買った。

 村上さんは2018年8月7日放送のバラエティ番組「踊る!さんま御殿!! 」(日本テレビ系)に出演。不満に思った男の言動という番組のテーマに沿って、選手時代のエピソードを明かした。

■「その人がすごくベロベロになって...」

 フィギュアの大会後に開かれた、選手が参加するパーティーでのことだ。村上さんは「全然しゃべったことがなくて、全日本選手権とかで会ってもあいさつくらいしかしないスケーターの方だったんですけど」と切り出し、

  「その人がすごくベロベロになって、『佳菜子~! 元気~?! 』みたいな感じで言ってきて、それがすっごく嫌だったんです。『イエーイ!』みたいな感じで」

と、スタジオで隣にいた岡田結実さん(18)の肩に手を回し、その男性の言動を再現した。この日のゲストは全員女性。村上さんに同意するように「ええ?! 」と驚いた。

 だがMCのさんまさんが村上さんに返したのは、

  「酔うてるからええやないかい」

という言葉。村上さんは「でもなんか...『イェーイ佳菜子~!』みたいな感じですよ」とその男性への不快感を再びにじませたが、さんまさんは、

  「『イェーイ佳菜子!』言われたら、『イェーイ!』で(応じてやれば)ええやないかい」

と考えは変わらなかった。

 村上さんの話では、その男性とは年1回の全日本選手権で会うくらいで、「仲良くないの?」と聞かれても「全然。(会っても)『こんにちは』『どうも』くらい」というほど、ほぼ面識がない。いきなり「呼び捨て」だったことにも面食らってしまったという。

 苦笑いしつつも「その人のことがトラウマになっちゃって」といい、「今は喋るようになったんですけど、やっぱり1枚壁がある。(笑顔であいさつしようとしても)顔がひきつっちゃう。はは...」と、今なお苦手なようだ。

次ページは:「好きやったんやろ、たぶん」

1/2ページ

【関連記事】

  • 明石家さんま「バイキングは食べ残していい」 志らく「人間としてクズ」
  • 先生酔って小6の家で大暴れ 太鼓ばちで殴りトイレ破壊、翌日授業で「停職」
  • 「運動会で飲酒」は「つまみ出される」所も 「マナー悪い」モンスター親対策に濃淡
  • 「職場で女性がカップやきそば」 幻滅した男性に非難集中
  • 「世界で一番長い髪」日本の女子高生ギネス登録!生まれてから1度も切らず155・5センチ
女性陣ヒンシュク