声優・梅原裕一郎が療養から復帰宣言 仕事は「体調と相談しながら」

梅原裕一郎さん(アーツビジョンの公式サイトから)

 人気声優の梅原裕一郎さん(27)が、病気療養を終え、仕事に復帰するとツイッターで報告し、ファンから喜びの声が続々寄せられている。

 梅原さんは、「学園ベビーシッターズ」「多田くんは恋をしない」などで主人公の声を担当し、甘いマスクで女性に人気がある。

■「急性散在性脳脊髄炎」を患い、治療やリハビリに取り組む

 しかし、「急性散在性脳脊髄炎」という脳神経系の病気を患い、2018年5月から入院して治療に専念してきた。成人での発症は極めて稀だという。

 復帰時期は明らかにされていなかったが、所属事務所アーツビジョンが7月30日、梅原さんは、後遺症の心配もなく無事に退院したとホームページ上で報告した。途中で「低髄液圧症」を併発したため療養が長引いてしまい、治療やリハビリに取り組んでいたそうだ。

 そして、今後については、体調を考慮しつつ、徐々に仕事を再開していきたいとしていた。

 そして、8月7日になって、アーツビジョンが再び、その後の状況を報告するとともに、梅原さん自身もツイッター上で同様の説明を行った。

声優仲間らからも、次々に回復を祝うツイート

 梅原裕一郎さんはそこで、長期休業になったことを謝罪するとともに、

  「少しずつお仕事に復帰させていただいておりますので、Twitterも再開させていただきます」

と書いている。

 梅原さんの復帰について、ファンからは、

  「おかえりー!」「待ってました」「無理しないで頑張ってください!応援してます」

とツイッター上で喜びの声が寄せられている。

 声優仲間らからも、次々に回復を祝うツイートが寄せられており、梅原さんは、お礼の言葉をつづるとともに、

  「無理をせず頑張ります~」「体調と相談しながらお仕事します」

と答えていた。

【関連記事】

  • 人気声優襲った「急性散在性脳脊髄炎」とは 成人の発症「極めて稀」な脳神経系の病
  • 品川駅女子トイレの「異様な光景」 「男性化粧室ではありません」大量貼り紙のワケ
  • 「山根会長のおかげで勝てた」と称賛... 告発者が明かす「鳥肌が立つ」異常さ
  • 「パートが、仕事が終わらないのに帰る」「仕方ない」「無責任」どっち? 専門家に聞いた!
  • タレントパワーで五輪チケットを手に入れようとするヒロミの何サマぶりが不快 〈ボクらの時代〉(フジテレビ系)
J-CASTニュース