約20年ぶり新作『劇場版シティーハンター』特報&新ビジュアル解禁

『劇場版シティーハンター(仮題)』新ビジュアル

 アニメ『シティーハンター』シリーズにおいて約20年ぶりの新作となる『劇場版シティーハンター(仮題)』が2019年2月8日に公開決定。併せて声優・神谷明が主人公・冴羽りょうに声を吹き込んだ特報映像と、ハードボイルドなりょうの姿を描いた新ビジュアルも解禁となった。

【写真】『劇場版シティーハンター(仮題)』フォトギャラリー

 新宿を舞台にさまざまな依頼を受け、法で裁けぬ悪と闘う「シティーハンター」こと冴羽りょう(神谷)の姿を描く本作。りょうは超一流の射撃の腕を持ち、裏社会No.1の始末屋(スイーパー)だが、無類の女好き。相棒の槇村香(伊倉一恵)は依頼人の女性に手を出そうとするりょうを時に“撃退”しつつ、仕事のパートナーとして支えていく。

 そんな2人の活躍を時にハードボイルドに、時にコメディチックに描いた北条司による原作は、1985年に「週刊少年ジャンプ」で連載開始。1987年にサンライズ制作でTVアニメが放送開始となり、これまでにシリーズ140話、スペシャル3作に加え、劇場版3作が制作されている。

 解禁となった特報映像は、作品を象徴する名曲『Get Wild』(TM NETWORK)に乗せて、爆発をかいくぐりながら夜の街を爆走するりょうの愛車や、りょうが銃を放つシーンなどを映し出す。一方のビジュアルは、暗闇の中で赤い炎に照らされたかのようなりょうのハードボイルドな姿を収めたもの。特報映像のラストで彼が放つ「この街には、俺のような男が必要なのさ」というセリフが、銃の硝煙の先に浮かび上がっている。

 オリジナルキャストとして再び声優を務める神谷は「冴羽りょうを演じられることの嬉しさと、あの頃のように演じることが出来るのだろうかという不安が半分半分です。でも、本当に動き出したというワクワク感はあります」とコメント。「シナリオを読ませていただいて、今回の映画の中にも、格好良いりょう、優しいりょう、おバカなりょうそしてちょっぴりエッチなりょうが出てきます」としたうえで「その千変万化する冴羽りょうを楽しむために、声はもちろん準備を怠らないようにしたいと思っています」と意気込みを明かしている。

 また、野上冴子役で一龍斎春水、海坊主役で玄田哲章、美樹役で小山茉美とオリジナルキャストが再集結することと、8月3日より第1弾特典付きムビチケカードが発売されることも発表された。第1弾特典は、作中でもおなじみの“伝言板”を模したキーホルダーが付く。  

 映画『劇場版シティーハンター(仮題)』は2019年2月8日公開。

【関連記事】

  • 『シティーハンター』フォトギャラリー
  • 実写ドラマ『エンジェル・ハート』フォトギャラリー
  • 『シティーハンター』新作劇場版アニメ制作決定 2019年初春公開
  • 『シティーハンター』中国で実写映画化決定! 主演はホァン・シャオミン
  • 相武紗季、実写『エンジェル・ハート』槇村香役に「期待を裏切らないように演じたい」
クランクイン