シャネルも認めた? キムタク次女コウキのインスタ発信力

(ELLE JAPON)

 インスタクイーンとして飛ぶ鳥を落とす勢いといえば、モデルのコウキである。木村拓哉と工藤静香夫婦の次女という“十四光”もあって、フォロワー数はインスタグラム開設から2カ月ほどで100万人。この数字は浜崎あゆみや黒柳徹子のそれを上回るものであり、世間から注目を浴びている人物であるのはよく分かる。

 更新すれば〈いいね!〉の嵐で、インフルエンサーとしての手腕は証明済み。29日は〈My favorite lipstick and sunglasses〉というコメントとともに3枚の写真をアップすると、14万4000件超(30日夕現在)のいいねをゲットしているのだ。

 しかも、「コウキさんが手にしている口紅はシャネルのもので、時計もシャネル。おそらく黒のシースルーのブラウスもシャネルで秋冬の新作です。彼女は7月初旬、パリで行われた同ブランドの秋冬オートクチュールコレクションに招待され、ショーを見学。クリエーティブディレクターのカール・ラガーフェルド氏とも会っていることから、インスタの投稿までひっくるめて“Cのお仕事”とも推測できる。つまり、提供する商品を使ってもらうブランド宣伝の一貫にもみえますね」(ファッション関係者)

 Cことシャネルは「ブランドバリューを重んじ、インフルエンサーも厳選するブランド」(ファッションライター)として有名なんだとか。仮にコウキが、値段もイメージも高値安定の“広告塔”だとしたら大したもんである。

 オールアバウト・ファッションガイドを務めるファッションジャーナリストの宮田理江氏は「あくまで一般論」と前置きした上で、こう言う。

「近頃はインスタグラムで自撮り写真を公開するモデルやインスタグラマーが増えており、さまざまなブランドが有名無名、プロアマ問わず、商品を提供している場合もあります。また有力ブランドはモデルの将来性を見抜く能力が高く、常にネクストトップモデルを懸命に探しており、実績を積む前の段階で関係を深めたいと考えるケースも多いといわれています」

 おまけに「口紅はシャネルだけれど、サングラスはブルガリ」(前出のファッション関係者)とハイブランドを“両刀”で身に付ける大物ぶり。恐るべし、15歳だ。

【関連記事】

  • 静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”
  • キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い
  • 次女コウキが喧嘩の種に…キムタクvs静香の“仁義なき戦い”
  • 課題はデビュー後 キムタク次女“親の十四光”やがて重荷に
  • キムタク&静香の次女 大々的デビューの背景に“SMAP解散”
キムタク次女コウキ