N・キッドマン、『ビッグ・リトル・ライズ』原作者の小説を映画化か

海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』の原作者リアン・モリアーティの新刊の映像権を獲得したというニコール・キッドマン

 オスカー女優のニコール・キッドマンが、人気海外ドラマ『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』の原作者リアン・モリアーティの新刊『Nine Perfect Strangers(原題)』の映画・テレビ化権を獲得したと、The Hollywood Reporterが報じた。

【写真】「ニコール・キッドマン」フォトギャラリー

 ニコールは自身の製作会社ブロッサム・フィルムズを引っ提げ、パー・サーリ、メイドアップ・ストーリーズのブルーナ・パパンドレアと共に、製作総指揮に名を連ねるとのことだ。3人はニコールがエミー賞を受賞した『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』を一緒に手がけた仲だが、現時点で同作の製作陣に名を連ねる女優のリース・ウィザースプーンやデヴィッド・E・ケリーの名前は出ていない。

 『Nine Perfect Strangers(原題)』はニコールと同じオーストラリア出身の作家リアン・モリアーティが、今年11月にリリースする予定の新刊。心身をリフレッシュするため、人里離れたリゾート地に集まってくる人たちを描くという。ニコールはフランシス・ウェルティという主人公を演じる予定。ベストセラーを出した元ロマンス小説家で、失恋の痛手を負っているという役どころらしい。

 同作が映画になるか、テレビドラマになるかは現時点で確定していない。ミニシリーズになる可能性もあるという。撮影時期やキャストなどは不明。ニコールは現在、『ビッグ・リトル・ライズ ~セレブママたちの憂うつ~』シーズン2の撮影に入っている。

【関連記事】

  • 【写真】本企画には参加せず?「リース・ウィザースプーン」フォトギャラリー
  • 『ビッグ・リトル・ライズ』、メリル・ストリープがシーズン2に出演
  • 【写真】かわいい! ニコール、リース、メグ…豪華女優たちがプライベートでボウリング
  • 第69回エミー賞、『リトル・ビッグ・ライズ』最多5冠 ニコール・キッドマンが初受賞
  • ニコール・キッドマン、トム・クルーズとの結婚中に経験した流産を回顧
映画化