佐野勇斗「カッコいい役は難しい!」 事務所の先輩・山崎賢人を尊敬

佐野勇斗、『青夏 きみに恋した30日』インタビュー

 ボーカルダンスユニットM!LKのメンバー・佐野勇斗が、俳優としても大躍進中だ。2018年は、5本の映画に出演。南波あつこによる人気少女コミックを実写化する『青夏 きみに恋した30日』では、映画初主演を果たした。演じた吟蔵は外見はもちろん中身もイケメンの男子だが、佐野は「カッコいい役は難しい!」と苦笑い。20歳の素顔とこれからの野望に迫る。

【写真】佐野勇斗、『青夏 きみに恋した30日』インタビューフォト

 本作は、夏休みの間、田舎で過ごすことになった都会育ちの女子高生・理緒(葵わかな)と、そこで出会った地元の男子高生・吟蔵の“ひと夏限定の恋”を描く物語。無愛想に見えて実は優しい吟蔵は、理緒だけでなく観客の女性たちもキュンとしてしまうような男子。佐野は「不安しかなかったです」とオファー時の心境を振り返る。

 「役をいただいてもちろんうれしかったんですが、原作を読んでみたら吟蔵ってめちゃくちゃカッコよくて。“こんな男になりたい”と憧れるくらい、男の僕から見てもカッコいい。演じると思ったら冷や汗が出てきました」と明かす。「原作ファンの方の期待にも応えなければ」と奮起し「まずは体づくり。筋トレして体を絞って、日焼けした方がいいとも思ったので、初めて日焼けサロンにも行きました。初めてチャレンジすることばかりでした」と役づくりに励んだ。

 「カッコいい人って、姿勢がいい。自信がある人はピシッとしている」と姿勢からもイケメンを意識したが、「内面から出るカッコよさもないといけない。吟蔵はチャラついているように見えて、芯がしっかりしている」とさらなる苦労を吐露。胸キュンシーンも同様で「頭をポンポンとしたり、グッと抱き寄せるにしても、どこに手を置いていいかわからなくて。そういうことがサラっとできる人もいると思うんですが、僕はそういうタイプではないので…。色々と研究しました。今まででも一、二を争うくらい難しい役でした」と語り、「事務所の先輩に山崎賢人さんがいるんですが、カッコいい役をたくさんやっている賢人さんは、本当にすごい!今度お会いしたら“難しかったです”と話そうと思っているんです」と尊敬の眼差しを向ける。

 M!LKとしてキラキラとしたステージに立つ身でありながら「カッコいい役はチャレンジ」という佐野。「僕はグループの中でもおちゃらけ担当なんです。クールとかそういうタイプとは真逆なので、吟蔵を演じることを知ったM!LKのファンの方からは“カッコいい感じの佐野は新鮮”というコメントも見受けられます。“よくわかってくれているな、ありがとう!”と思います」と自身の素顔を告白する。

 熱心かつお茶目に語る姿がなんとも魅力的だが、今年は5本の映画に出演するなど引っ張りだこ。『3D彼女 リアルガール』ではオタク青年役にトライするなど、どんな役でも背負える頼もしい俳優に成長している。いつでも役を得た時は「まず自分と似ているところ、似ていないところを書き出してみる。台本の裏に書いておく」のだとか。「役者のお仕事は、いつも悩むことばかり。経験も浅いので、壁にぶち当たることばかりです。たくさんの先輩方と共演させていただくようになりましたが、みなさんを見ていると生半可な努力では、この世界ではやっていけないんだと実感しています。今は“ツライ思いをしてなんぼ”だと思っています!」と全力でぶつかっている。

 壁を乗り越える力をくれるのは「地元の人やファンの方など“頑張れ”と言ってくれる人の存在」だ。「愛知県出身なんですが、親も親戚もすごく応援してくれています。おじいちゃん、おばあちゃんは最初、芸能活動に反対していたんですが、今では僕の一番のファン。地元の人に東京で頑張っている姿を見せたいんです」。そんな佐野の野望は「M!LKとしては、紅白歌合戦の司会をやりたいです。まだ出場もしていないのに!」と笑い、「俳優としては、朝ドラと大河ドラマに出たいです。おじいちゃん、おばあちゃんが好きなので、恩返ししたい」と未来を見つめる。明るく、まっすぐで頑張り屋。佐野勇斗、快進撃の理由が垣間見えた。(取材・文・写真:成田おり枝)

 映画『青夏 きみに恋した30日』は8月1日より全国公開。

【関連記事】

  • 「佐野勇斗」フォトギャラリー
  • 【写真】床ドン&花火デート…『青夏』夏キュン必至の場面写真
  • 佐野勇斗登場『青夏 きみに恋した30日』完成記念イベントフォトギャラリー
  • 『青夏』葵わかな&佐野勇斗、原作コミックの表紙8パターンを完全再現
  • 映画『青夏』主題歌Mrs. GREEN APPLEに決定&楽曲入り予告到着
山崎賢人