視聴率15%の快挙 テレビ界を席巻する「一茂」ブームの背景

長嶋一茂(右)と父・長嶋茂雄氏(C)日刊ゲンダイ

 長嶋一茂(52)がテレビ界で旋風を巻き起こしている。

 情報番組からバラエティーまで出ずっぱり。25日に出演した「ザワつく!一茂良純ちさ子の会」(テレビ朝日系)の平均視聴率は15.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)を叩き出す快挙。最高視聴率は一茂が富士山登山について語っていたシーンで16.6%を記録したというのだ。

 一茂はこの番組の直前に放送していた「あいつ今何してる?」(同)にも出演しており、こちらは12.3%を記録。新視聴率男といって申し分ないリッパな数字である。

 もはや若者世代は一茂がミスター長嶋の子息であることすら認識していないのだろうが、なぜ番組では“言いたい放題”極まりなく、ときに傍若無人にも見える一茂がテレビで大人気なのか。「まず、ゆとりでしょうね」と芸能リポーターの城下尊之氏はこう言う。

「恵まれた環境に生まれ育ったことによる生来のゆとりはもちろんのこと、守りに入らなくてもいい精神的なゆとりが一茂さんにはあると思います。プロ野球選手を引退されて、芸能界に入った1年目で(稼ぎが)億を超えたことを明らかにされていますが、凄いのは、いつ仕事がなくなってもおかしくないのが芸能界だと認識されて不動産や株やファンドで資産運用し、それだけで家族が食べていくには十二分な額を稼いでしまったということ。もともと天然キャラで、つくりがない分、テレビで面白がられ、出演オファーが倍増していったのです」

 ことし上半期にテレビ出演した回数は100本以上というからスゴイ話である。

「ワイドショーのコメンテーターはギャラも低くて1本10万円~(推定)。バラエティー1時間番組で70万円~。最近はゴールデンタイムのメイン出演も少なくないため、イベント出演なども含めれば上半期だけで億近い稼ぎがあるのではないでしょうか」(スポーツ紙の芸能記者)

 マツコ・デラックス、有吉弘行がブレークしたのに続き、最近では坂上忍、梅沢富美男、出川哲朗が売れている。一茂は石原良純、高嶋ちさ子との3人で「毒舌トリオ」などと呼ばれている。テレビの売れっ子は40代後半から50代以降の中高年という流れにも一茂は乗ったのか。城下氏に昨今の売れっ子事情について聞くと、こう答えた。

「若い人が出てこないのは、テレビのメイン視聴者が50歳以上だからだと思います。制作側にしてみれば、経歴をテロップなどで紹介しなくても一発で分かってもらえる知名度があって安心。そのうえ好き勝手というと言い過ぎかも知れませんけど、ある程度、自由にやってもらって、番組が面白くなるのですから申し分ない。高齢化の進んだ今の社会に適応した売れっ子と言えるでしょうけど、どうでしょうか……」

 一茂ブームの背景には、テレビは見るのも出るのも中高年という世相が横たわっている。

【関連記事】

  • 出川哲朗、長嶋一茂…TV界を席巻する“クセがすごい”男たち
  • 映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ
  • 異彩放つNHKの雑学番組 「チコちゃん」に大人がハマる理由
  • 高視聴率も赤字 国民が払うW杯放映権料600億円の高いツケ
  • 視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感
背景