くまモン、ハンドボール「顔面直撃」 世界選手権熊本大会PRで実演中

くまモンとJ-CASTのマスコット「カス丸」

 熊本県のマスコットキャラクター「くまモン」が2018年7月26日、J-CAST編集部に「襲来」した。19年に熊本で開催される女子ハンドボール世界選手権などをPRするためだ。

お茶目なくまモン

 くまモンは、J-CASTのマスコットキャラクター「カス丸」とハンドボール(を使用したキャッチボール)を実演。ところがその時、悲劇が起きた。

■「ゴッ」と鈍い音が...

 くまモンは7月26日の昼下がり、J-CAST社内の受付に現れた。両手でポスターを掲げ、熊本県で19年11、12月に開催する「2019女子ハンドボール世界選手権大会」の公式ユニホームに着替え始めた。何とPRがてら、社内でハンドボールの腕前を披露するというのだ。

 くまモンと勝負するとなれば、同じマスコットキャラのカス丸しかいない。

 ゆるキャラ界トップクラスの人気者と、「ゆるキャラグランプリ2016」963位の編集者犬。「世紀の対決」がここに実現した。

 まずは、カス丸のターン。大きく後ろに振りかぶった右腕で、くまモンめがけて力いっぱい投げた。くるくると斜めに回転したボールは、くまモンの顔面めがけて一直線に...

  「ゴッ」

 そんな鈍い音とともに、くまモンがパタリと倒れ込む。まさかの一発ノックアウトだ。

 社員からも思わず「おおおーーー!!! 」と驚きと心配の声が上がった。

 くまモンも、左足でぐいっと踏み込み、勢いよく右腕を振り下ろしていたが、指先から離した瞬間、ボールは球威を失い、カス丸まで届かず。くまモンは地団駄を踏んで悔しがっていた。

愛称は「おりひめジャパン」

 くまモンはその後、J-CASTニュース編集部のインタビューに応じた。

 それによると、熊本県では19年11月30日~12月15日、県内5会場で女子ハンドボール世界選手権大会を開催。世界各地から24チームが熊本に集結する。

 女子日本代表の愛称は、「おりひめジャパン」。体格の大きな選手をそろえるヨーロッパの強豪国に俊敏性で勝負を挑む。

 「くまモンはあまり上手くなかったですね」。熊本県東京事務所のくまもとセールス課参事・吉村了介さんはそう笑いつつ、

  「熊本市は2019年の大会までに、熊本城の天守閣の外観を復旧させる目標を掲げています。全世界からいらっしゃるので、おもてなししたい」

と話していた。

次ページは:熊本には「世界遺産」がある

1/2ページ

【関連記事】

  • くまモンの「本格的な偉人伝」出版 小学館「学習まんが」収録へ
  • くまモンいたずらが「完全に放送事故」 熊本県庁も対処に動いた
  • ファーストクラス乗ったのに、誕生日祝われなかった! 「泣いてしまいました」男性乗客、怒りの星1つ
  • 「パートが、仕事が終わらないのに帰る」「仕方ない」「無責任」どっち? 専門家に聞いた!
  • 水飲み過ぎ注意!熱中症対策どころか「水中毒」―脳細胞むくんで死の危険
実演中