夜空に煙もうもう…「何も見えん!」 鎌倉花火、「風のイタズラ」に会場ガックリ

今年の鎌倉花火大会の様子。煙が花火を覆い隠している(写真は@skow_disney1636 さん提供)

 「やっぱり、自然には勝てませんよね...」。どこかガッカリしたような調子で、J-CASTニュースの取材にこう語ったのは、2018年7月24日に行われた「第70回鎌倉花火大会」の運営関係者だ。

逆に珍しい?煙にすっぽり覆われた花火写真集

 実は、今年は風が弱かったためか、打ち上げた花火の大半が煙で隠れてしまうアクシデントが起きたのだ。これには、会場にいた観覧客からも「ほとんど見えない」「音は聞こえるけど...」との落胆の声がツイッターに相次いでいた。

■「もう音と煙だけでした」

 鎌倉花火大会は、神奈川県鎌倉市の由比ヶ浜と材木座の両海岸で開かれる毎年夏の恒例行事。今年の打ち上げ数は約4000発。およそ50分にわたって、大輪の花火が鎌倉の夜空を彩るはず、だったのだが...。

 花火の打ち上げが始まってすぐ、煙が会場周辺の上空を覆い始めたのだ。実際、会場を訪れていたという男性(19)は取材に対し、

  「ほとんどの時間は煙に覆われて見えませんでした。花火が見えた場合でも、全部は見えず一部だけでした。中盤くらいに1度だけ煙が収まり、その後数分だけ見えましたが、フィナーレはもう音と煙だけでした」

と残念そうに振り返る。周囲の観覧客の様子について聞くと、

  「煙で見えないことがわかって違う場所へ移動する人や帰宅する人が打ち上げの開始から5分くらいで大勢出ていました」

と説明。会場に残った客は、花火が見えない状態でも拍手や歓声をあげるなど、前向きに楽しもうとする雰囲気だったという。

 そのほかにもツイッター上には、モヤモヤと漂う煙がすっぽりと花火を覆い隠す様を撮影した動画や写真が数多くアップされている。また、花火大会の模様は「J:COMチャンネル」でも生中継されていたが、その視聴者からもネット上に、

  「あまりにも放送事故レベルで煙で花火が見えん」
  「放送事故かな?っていうくらい何も映らないw真っ暗www」
  「花火中継してるけど煙すぎてて何も見えなかった」

といった声が相次いでいた。

次ページは:名物「水中花火」はどうなった?

1/2ページ

【関連記事】

  • 神戸の大学生、公衆電話ボックス内で花火大会  ツイッター上の画像公開で批判が集まる
  • 隅田川花火、スカイツリー高額席の悲劇 雲や煙で「ほとんど見えない」
  • ファーストクラス乗ったのに、誕生日祝われなかった! 「泣いてしまいました」男性乗客、怒りの星1つ
  • 女性のオシッコ、正しい「拭き方」知ってる? 「目から鱗」「逆をやってた...」と大反響
  • 「顔採用は存在する」 テレビ番組の実験結果に賛否両論
夜空