『西郷どん』出演で話題の長州力が“台本に刻んだ言葉”に感動の声「謙虚な姿勢、尊敬します」

7/25(水) 9:43配信

ラリアット炸裂!豪快な長州力が刻んだ言葉にファンから称賛の声!

鈴木亮平が主役・西郷吉之助を演じる大河ドラマ「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)22日放送の第27回で禁門の変が描かれた。番組公式Instagramは放送後、長州藩の豪傑・来島又兵衛役でゲスト出演したプロレスラー・長州力のオフショットと劇中で“リキラリアット”を披露したシーンの動画を公開。ファンから「迫力あった!!」「シビれた!」と称賛の声が上がり、ボロボロになるまで読み込まれた台本にも感動の声が広がっている。

【写真を見る】「凡人は経験から」と直筆で書かれた長州力の台本!力強い文字で気迫が伝わってくる!!

■ “リキラリアット”も炸裂!

長州力が演じたのは長州藩の過激な尊王攘夷(そんのうじょうい)派を率いた豪傑・来島又兵衛。朝敵の汚名をそそぐため京への進軍を訴え、“禁門の変”を引き起こした張本人であり、長州軍の遊撃隊総督として、薩摩軍率いる総大将の吉之助と相対した。

大河ドラマ初出演。オファーを受け「正直に言って、僕には無理だろうと思いました」と悩んだが、長州藩ゆかりの山口県出身であり「この年齢でやったことがないことをやってみようかなと思い、演じてみようと思いました」と出演を引き受けた。

必殺技のラリアットはスタッフからのリクエストだった。オンエアでは重い甲冑を身につけ、見事な槍さばきを披露。左手に持った槍で相手を一突きし、右手で別の相手にラリアットをお見舞いするという豪傑ぶりを見せつけた。

■ “凡人は経験から”謙虚な姿勢に称賛

放送後、番組公式Instagramでは、そんな長州力の活躍ぶりを画像と動画で公開した。

動画では長州力演じる来島がラリアットを披露する場面が臨場感たっぷりに映し出され、6万回以上の再生回数を記録。画像では、心静かに集中力を高める姿やラリアットの瞬間のほか、共演者やスタッフと談笑するオフショットや雄たけびを上げる鬼気迫る表情、撮影を終え、スタッフと握手を交わす姿などが捉えられている。

また、長州力が使用した第27回台本の表紙も公開された。「ボロボロになるまで読み込まれた台本には、『凡人は経験から』という直筆の言葉が。その気迫、ビシビシ伝わってきもす!」というコメントが添えられた表紙からは、今回の出演にかけた思いが伝わってくる。

この投稿には、「リキさん、迫力あった!!」「カッコ良かった」「存在感がスゴイ」「滑舌もよかった!たくさん練習したんでしょうか」など、オンエアを見ての熱い感想の言葉が並んだ。台本に書かれた“凡人は経験から”というメッセージにも「素敵な言葉。背中を押されました」「謙虚な姿勢、尊敬します」などの声が集まっている。

29日放送の第28回「勝と龍馬」では、禁門の変で長州を破った幕府に「長州を征伐せよ」という勅命が下り、慶喜(松田翔太)は戦の準備を進める。そんなとき、吉之助(鈴木亮平)は、勝安房守(遠藤憲一)に会いに行く。そこには、弟子の坂本龍馬(小栗旬)もいた。勝は吉之助に「長州と戦をしている場合ではない。幕府なんかは見限ってよい」と驚くべきことを語る。慶喜から幕府軍参謀を命じられた吉之助は、大きな決断を迫られる。 (ザテレビジョン)

【関連記事】

  • <西郷どん>“幼き剣豪”との再会にファン感涙!「もらい泣きしすぎた」
  • <西郷どん>『花子とアン』トリオ集合で「ごきげんよう♪」レアショットに「懐かしくて泣ける」
  • <西郷どん>鈴木亮平、黒木華ら「はい!ひょっこりどーん!」キュートなオフショットに「癒やされる~」
  • <西郷どん>小栗旬の“龍馬”登場に女子騒然!「“男くささ”がたまらない!!」
  • <半分、青か。>「西郷どん」「半分、青い。」コラボ!?鈴木亮平&永野芽郁2ショットにファン歓喜!
姿勢