西武ドームに「サウナ」指摘を質問 「構造上の問題はございません」と回答

狭山丘陵の大自然に囲まれたメットライフドーム

 プロ野球・埼玉西武ライオンズの本拠地で、様々なイベントやコンサートが開催されるメットライフドーム(埼玉県所沢市、西武ドーム)。2018年7月14日から16日の3日間は、アイドルグループ「Kis-My-Ft2」のコンサートが行われた。

 チケットの当選通知が配信されたと思われる3月ごろからは、ツイッター上で「西武ドーム行く人は水分補給大事に」、「サウナドームって呼ばれてる場所で歌って踊るから心配」と、利用経験者とみられる人達からの投稿が多数見受けられた。こうした呼びかけは、今回に限ったことではない。運営側はどう対応しているのか、話を聞いた。

■大型扇風機や気化式冷風機の設置以降、「好意的な声」

 J-CASTニュースは、メットライフドームの運営管理を行う西武ライオンズに取材を申し込み、再取材分も含め7月14日までに回答書を受け取った。

 プロ野球の試合とコンサートなどのイベントでは「暑さ」への対応が異なる。まず、プロ野球の試合の際はどうなのか。

 2016年からスタンド内に6台、バックスクリーン下に2台の稼働式大型扇風機を設置し、ドーム内の空気を循環させている。さらに、バックスクリーンのパネルシャッターを練習時間中は開放し、空気の入れ替えが行われている。

 会場外のドーム前広場ではミストも稼働している。

 14年7月13日に行われた埼玉西武ライオンズ対オリックス・バファローズ戦で、糸井嘉男選手が熱中症になり、途中交代した。野球選手でもやられてしまったことがある暑さについても聞いたところ、

  「1・3塁側のベンチと1・3塁側のブルペンに計7台の気化式冷風機を16年に設置しております」

との回答だった。

 これらの対策の評判についても聞くと、

  「大型扇風機や気化式冷風機の設置以降、ホームチームおよびビジターチームからは好意的な声があがっています」

とのことだ。

次ページは:イベントでの対応は

1/2ページ

【関連記事】

  • ファーストクラス乗ったのに、誕生日祝われなかった! 「泣いてしまいました」男性乗客、怒りの星1つ
  • 大雨の日に麻原死刑執行、「何でずらさなかったのか」 宮根誠司ギモンに批判殺到
  • 「もうANAしか乗りません!」 宮脇咲良を感動させたCAからの「手紙」
  • 女性のオシッコ、正しい「拭き方」知ってる? 「目から鱗」「逆をやってた...」と大反響
  • 「パートが、仕事が終わらないのに帰る」「仕方ない」「無責任」どっち? 専門家に聞いた!
J-CASTニュース