「金ロー」スタンリーが卒業 20日から新OP…キャラの今後は?

「スタンリー@金曜ロードSHOW! 公式」の投稿より(一部加工)

 日本テレビ系で毎週金曜21時から放送されている「金曜ロードSHOW!」のマスコットキャラクターの「スタンリー」が卒業する。

【画像】新オープニングに登場するキャラクター

 今後は「金曜ロードSHOW!」を退き、関東ローカルの「映画天国」のキャラクターとして活躍する。

■ツイッターでは惜しむ声も

 スタンリーは黒のシルエットと長い耳が特徴的なウサギで、番組には2009年から登場している。ツイッターでは番組の広告塔として、次週予告や放送中の作品の解説を行うなどして盛り上げた。また、月曜深夜に関東ローカル(日本テレビ)で放送されている映画番組「映画天国」のオープニングとエンディング、ツイッターアカウントにも登場している。

 LINEスタンプのほか、ぬいぐるみやパスケースなどのグッズも発売されている。

 そんなスタンリーの降板が発表されたのが、2018年7月13日放送の米映画「ジュラシック・ワールド」内でのこと。番組が始まって約80分が経過したところで、次週予告のテロップが画面下に流れてきた。そのテロップの末尾に、20日放送予定の「時をかける少女」のタイトルの横にスタンリーが現れ、吹き出しが表示されていた。

  「僕は今日で卒業です... 来週から新しい仲間をよろしくお願いしますぅー ありがとうございました!」

 このテロップが流れた直後、ツイッターでは、驚きの声があがった。

  「今さらっと重要なこと流れた気がしたけどスタンリー君?」
  「えええ、スタンリー卒業なの!? 」
  「突然の!!! スタンリー大好きだよぉぉ寂しいよぉぉ!」

 その直後、番組のツイッターアカウント「スタンリー@金曜ロードSHOW!公式」が更新され、より詳細に伝えた。

  「実は、僕は放送については今日で卒業なんです......」
  「来週からは細田守監督が制作した新作オープニングアニメーションの仲間たちが参加しますので、引き続き金曜ロードSHOW!をよろしくお願いしますぅー」
  「でも、Twitter上では、20日までは僕が頑張りますー!! 」

と、番組ツイッター卒業も同時に発表された。

 このツイートは大きな反響を呼び、19日夕現在までに「リツイート」を約5700件、「いいね」は約1万3000件を記録している。

 リプライ(返信)欄には、「えっ嘘でしょ...悲しい」といった反応の他、97年からスタンリーの登場まで使われた、スタジオジブリ手掛ける(宮崎駿さん製作、近藤喜文さん作画)の映写機を回す老紳士を持ち出して、

  「映写機の叔父さんと一緒にゆっくり休んで下さい」
  「スタンリーは映写機おじさんと同じ所に行ってしまうんだな、お疲れ様だ」

と労いの言葉をかけるユーザーもいた。

 その後、番組のエンディングでも次週予告に触れられたものの、卒業にはノータッチでスタンリー最後の放送が終わった。

次ページは:視聴者の悲しみに反応か?

1/2ページ

【関連記事】

  • キムタクが「キムタクじゃない」!? 「髪型のせい?」「え、こんな顔だった?」驚きの声続出
  • ファーストクラス乗ったのに、誕生日祝われなかった! 「泣いてしまいました」男性乗客、怒りの星1つ
  • 残り1分の3点目、ベルギーカウンターは誰の責任? 山口蛍、「棒立ち」の原因とは
  • 「世界で一番長い髪」日本の女子高生ギネス登録!生まれてから1度も切らず155・5センチ
  • ドライヤー収納、100均が解決してくれた。「もう一生コード絡む気しない」
新OP