「幼児虐待」根絶に奮起 坂本美雨らママタレ軍団の説得力

牧原秀樹厚労副大臣に児童虐待防止に関する要望書を提出した(左から)真鍋かをり、坂本美雨、犬山紙子(C)共同通信社

 他人に任せてはいられない――。東京・目黒で起きた実父らによる5歳女児の虐待死事件を受け、子育て中のママタレントたちが結成した児童虐待防止を掲げるチームが奮起している。

「#こどものいのちはこどものもの」を標榜し、エッセイストの犬山紙子(36)、タレントの真鍋かをり(38)、福田萌(33)、ミュージシャンの坂本美雨(38)、「あやまんJAPAN」元メンバーのファンタジスタさくらだ(33)の5人が活動を行っているのだ。

 SNSを中心に呼びかけをし、10日には児童相談所の体制強化やLINEでの相談窓口の設置を求める要望書と賛同する5000人のメッセージを牧原秀樹厚労副大臣に提出した。ワイドショーで発言するだけでなく、実際の行動に移した彼女らは“言うだけ番長”の何倍もの説得力がある。

 しかも、坂本美雨は発売中の「婦人公論」(7月24日号)で〈虐待の連鎖を断ち切るため、母となった私にできること〉と題した自身の体験インタビューに応じている。父で厳格だった坂本龍一との幼き日の記憶として、〈時には怒りに任せて手が出ることもありました。~中略~そういう時は、ただただ父の威圧感に怯えていたような気がします〉などと述懐。世間が抱く有名音楽一家のイメージを覆す衝撃的な告白をしているのだ。

 これは同編集部から打診したインタビュー企画で、「編集部として事前に把握していたものではなく、取材時の話の流れでお話しいただいたもの」(担当者)というから、幼児虐待問題に対する並々ならぬ覚悟を感じさせる。

 そんなママタレたちの要望に「同じ気持ち」と賛同した牧原厚労副大臣は、きちんと応えられるのか。

「牧原氏は、残業代ゼロ制度を企業側ではなく被雇用者目線でとらえる数少ない自民党議員のひとり。枝野(立憲民主党)と同じ埼玉5区で過去4回比例当選しているが、自民は次回の衆院選で2回以上復活当選している議員の重複立候補を認めない方針を掲げており、牧原は少なからず危機感を持っている。選挙を見据えて何かしら自身の政策通としての価値をPRしたいと思ってるでしょうね」(永田町関係者)

 坂本らの本気の行動を政治がどこまでサポートできるかも試されている。

【関連記事】

  • レコード会社も“移籍” 山下智久2年ぶり音楽活動再開のウラ
  • 静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”
  • フィフィが教える“イスラム”のこと「宗教は多様性の一つ」
  • 太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし
  • 芸能マスコミが熱愛マーク 佐藤健&土屋太凰“本当の関係”
日刊ゲンダイDIGITAL