写真集の発売目前! 吉岡里帆が明かした製作秘話「まさに『もの作り』をしているような感覚でした」

7/13(金) 5:51配信

7月20日に写真集『so long』を発売する吉岡里帆

明日、7月14日(土)発売の週刊プレイボーイ31号は、"吉岡里帆祭り"! カラーページ以外でも、全16Pのボリュームで彼女のキャリアを振り返ります!!

【画像】2600kmにも及ぶ旅の様子

今回、その中から本誌掲載インタビューの一部を先行してお届け。7月20日発売に発売する写真集『so long』の製作秘話を明かしてくれた。

■そのままの私が写っているはず

―9日間、総走行距離2603㎞という壮大な旅を記録した写真集『so long』。あらためて振り返っていかがですか?

吉岡 もう、どこを切り取っても楽しかったという思い出しかないです。心から信頼できる大好きなスタッフさんたちと、朝から晩までずっと一緒にいられて。こんなに幸せでいいのかな、って思った瞬間が何度もありました。

―一台のバスに乗って、約2600km。これはざっと北海道から沖縄本島まで、日本縦断に匹敵する距離です。その字面だけ見ると、率直にキツそうだなーって思ったのですが。

吉岡 確かに、普通に考えたら気温差が激しいとか、車中で12時間過ごしたりとか、体力的には大変に思えるんですけど、毎日全然違う景色で、すてきなことが次々起こって、本当に行けてよかったなって思います。

写真集をご覧になっていただけるとわかるんですけど、成田空港を出発したときの私の顔色が薄くて(笑)。

―直前まで連ドラ、映画の収録でかなり忙しい生活が続いていたんですよね。

吉岡 そうでしたね。仕事は楽しいけれど、この日は特にバタバタしていて血色がなくなっていました(笑)。でも現地に行ってどんどん顔色がよくなっていって、それがとてもリアルで。本当にオーストラリアという国に元気にしてもらったという感じがしました。

―それにしても、写真集の撮影って普通は1ヵ所に腰を落ち着けて、それこそハワイですとかヨーロッパですとか、リゾートみたいな所でのんびり撮ることも多いじゃないですか。そもそもどういう経緯でこのようなテーマになったのか教えてください。

吉岡 写真集は自分の名前で出すものなので、自分自身が一番そのままの自分でいられて、なおかつ見てくださった人にそばにいるように感じていただけるような、一緒に過ごしているような気持ちになってもらいたいという、そういう思いが前提としてありました。

1/2ページ

【関連記事】

  • 吉岡里帆が1台のバスに乗って走破した前代未聞の「ロードトリップ」ーーこれは反則!と悶絶するファンが続出!?
  • 『ごめん、愛してる』も話題! 最も勢いのある女優・吉岡里帆「ブレイクしたと思うことは死ぬまでありません」
  • 吉岡里帆が語った女優としての本音「かわいい女のコの役は恥ずかしい」
  • 『あさが来た』に続き『ゆとりですがなにか』で注目の吉岡里帆がグラビアでも清新!「朝ドラに出ていたって誰も信じてくれなくて…」
  • 『あさが来た』に主人公を支えるキーパーソンで登場、吉岡里帆に大注目! 本人が涙で語った「これ、朝ドラに出られる詐欺なんちゃうか…」
発売目前