元Dream5重本ことり、突然の「セフレ発言」で『妖怪ウォッチ』からも完全追放か

 2016年に活動を終了したダンスボーカルユニット「Dream5」のリーダーを務めていた重本ことりの「セフレ相手騒動」から、早くも1週間が経過しようとしている。

 この騒動は、重本が7月4日に放送された東海テレビの深夜バラエティ番組『ブラ迷相談部 その悩み!小杉と吉田まで』にて、「セフレばっかりできちゃって」と発言。

 さらに、ネット上ではその相手が音楽グループのAAAの誰かではないかとされ炎上。「AAAを利用した売名行為ではないか」とのバッシングを受けているのだ。

 重本は2016年をもって大手であるエイベックス・マネジメントとの専属契約を終了。現在は都内の芸能事務所へ業務提携という形で所属しているのだが、エイベックスとの契約終了後、重本は自伝本である『黒い小鳥』(鉄人社)を出版。可憐なアイドル路線から突如「プッツン路線」へと変貌を遂げたのだ。

 しかし、いくら「プッツン路線」とはいっても、重本は2018年現在、21歳の若手。「セフレ発言」は間違いなくやりすぎであり、「芸能界を引退してしまうのではないか」と心配するファンは非常に多い。

 特に、彼女のことを心配をしているのが、Dream5の出世作品『妖怪ウォッチ』のファンであるという。

 重本は『妖怪ウォッチ』では、Dream5およびコトリwith ステッチバードとして、テレビアニメ(テレビ東京ほか)のエンディングテーマを歌ったほか、2015年からは『妖怪ウォッチ』のメインキャラクターである妖怪「USAピョン」の声優を担当するなど、『妖怪ウォッチ』にとっては、なくてはならない人物となっていたのだ。

 しかし、重本がエイベックスを退社してから、担当キャラのUSAピョンは徐々に出番がなくなり、2018年4月からは『妖怪ウォッチ』のテレビアニメそのものがリニューアルされた事情もあり、いまや重本は完全に妖怪ウォッチから姿を消した形となっている。

 そのため、今回の元「子供達の人気者」とは思えない「セフレ発言」は、『妖怪ウォッチ』への出演が完全に切れたため、自身の妖怪ウォッチとの決別のために意図的に行われたものではないかとされているのだ。

 現在、『妖怪ウォッチ』は以前のような勢いは失いつつあるものの、ソーシャルゲームのほか、2018年冬には新作のゲームも発売されるヒットコンテンツ。

 今回のセフレ騒動の結果、USAピョンおよび重本が『妖怪ウォッチ』へ帰ってくる機会は永遠に失われたものと思われ、妖怪ウォッチファンの子供たちにとっては、あまりに残酷すぎる結末となってしまったようだ。

【関連記事】

  • 元Dream5重本、“夜遊び相手”を赤裸々告白 相手のファンからクレーム殺到で炎上
  • 東京アイドルフェスティバル2014の概要が発表、アイドリング!!!横山ルリカは「推し変」したファンに注目!?
  • 鈴木保奈美、仕事のペースアップ? 夫・石橋貴明の新番組は既に打ち切り説が…
  • 結婚によるファン離れ阻止対策? 福山雅治と玉木宏、SNS投稿のセンスで評判を上げたのは…
  • 中居正広、ジャニーズ残留でも癒えない“心の傷” 人気グループとも共演NG?
リアルライフ