中居正広、AKB衣装に一言「“制服”欲が強いんじゃない?」

7/12(木) 17:00配信

中居正広がAKB衣装に関心を寄せた

7月11日放送の「ナカイの窓」(日本テレビ系)で、AKB48の衣装にまつわる裏話が明かされる場面があった。

【写真を見る】ファンにたたかれたという「フライングゲット」の衣装(赤ver)

この日のテーマは「ナカイの窓×ファッション」。中居正広やゲストの伊勢谷友介らは東京・渋谷区にある「文化服装学院」を訪れた。

「(自分にはファッションの)センスはないですね」と自己評価する中居は、「野球をやっていると(ユニホームと同じ考え方で)上下そろえたくなる」「(ボトムスを指さして)ココに水色がきちゃったら(トップスも)水色しかない」と苦笑いを見せた。

そしてこの日の出張円卓トークのゲストには、モデルの滝沢カレン、デザイナーの滝沢直己氏、スタイリストの大瀧彩乃氏、そしてAKB48結成当時から衣装を担当しているデザイナー・茅野しのぶ氏らがゲストに登場した。

茅野氏は、「フライングゲット」「恋するフォーチュンクッキー」などのPV衣装、音楽番組出演時の衣装、高橋みなみをはじめメンバーの卒業公演のドレスなど、AKB48グループ関連の3万点もの衣装を手掛けてきた。

秋元康氏から「映画の一部分を持ってきて『このイメージでやってくれ』」と言われたこともあり、「秋元さんの頭の中にあるものを吸い上げてデザイン画を描く」「30枚、50枚書いても(秋元氏から)ノーって言われる」と語る茅野氏。

時には、茅野氏が作った衣装を嫌がるメンバーもいるらしいが、茅野氏は「その子が自信を持ってステージに出られるまで衣装を直す」と苦労を語っていた。

そんな中、特別に展示されたAKB48の衣装を見て回った中居ら出演者一同。「フライングゲット」の衣装では、「顔映り悪い」「制服の方がいい」などとファンにたたかれたという茅野氏。中居は「“制服”欲が強いんじゃない?」とファンの心理を分析した。

放送終了後のSNS上には「成長期のメンバーの体形変化に対応できるように、最初から伸び代を作ってあると知って驚いた」「衣装はAKB48の大きな魅力」といった称賛のコメントが寄せられていた。

次回、7月18日(水)放送予定の「ナカイの窓」は「ナカイの窓×よしもとSP」。河本準一(次長課長)やゆりやんレトリィバァらがゲスト出演する予定。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 中居正広、最新フィットネスマシンに「無理無理無理無理」
  • 中居正広、最先端のデジタルアートに大興奮
  • 中居正広、秋元真夏の卵かけご飯を絶賛「それでもおいしかった!」
  • 中居正広「これはめでたい」金スマ社交ダンスで日本人初の快挙
  • 中居正広、新宿二丁目で“ディープな世界”を堪能
AKB衣装