光村龍哉(NICO Touches the Walls)×松尾レミ(GLIM SPANKY)、忘れられない出会いからお酒の失敗談までレアトーク満載

光村龍哉(NICO Touches the Walls)×松尾レミ(GLIM SPANKY)、『GYAO! CLUB INTIMATE』に登場

GYAO!とJ-WAVE(81.3FM)がコラボレーションしたラジオ番組、『GYAO! CLUB INTIMATE』がオンエア中だ。(毎週金曜日 夜11時~)“インティメイト(親密)“な関係のアーティストとアーティストが紡ぐ音楽トーク番組は、ラジオで<音声>を楽しんだ後、その<映像>はオンデマンド配信(毎週金曜日夜11時30分~/30日間)で見ることができる。

【トーク番組】光村龍哉(NICO Touches the Walls)×松尾レミ(GLIM SPANKY)>>

 第9回(7月6日、7月13日)のゲストはNICO Touches the Wallsの光村龍哉とGLIM SPANKYの松尾レミ。フェスやイベントで幾度か共演している両者だが、番組中に実は光村がGLIM SPANKYをメジャーデビュー前から気になっていて対バン相手に指名していたことが明らかに。最近、車の免許をとってツアーの楽しみが増えたという光村の食べ物へのこだわりやL.A.での松尾の初の二日酔い伝説(?)など、レアで親密なトークが繰り広げられた。

■いまだにレミちゃん直筆の手紙はとってある(光村)

NICO Touches the Wallsの光村がGLIM SPANKYの名前を知ったのは偶然、同じレコーディングスタジオに入っていたことがキッカケ。その時は対面しなかったもののスタッフから“とにかくボーカルの女のコの声がやばい“と言われ、ずっと気になっていたとか。

「ずっと覚えてて聴いてみたら、もうビックリ。“これはやばい“って。その直後に“スペシャ(スペースシャワー)列伝“があって、俺らがトリだったんだけど、“誰か対バンしたいバンド呼んでいいよ“って言われたから真っ先にGLIM SPANKYって」(光村)

「まさか名前を出していただけると思ってなかったのでビックリしました。デビューしてホントにすぐだったので、まだミュージシャンの知り合いもいない時に呼んでくださって仲良くしてくれて、本当にあの日はうれしかったし、打ち上げで音楽の話をしたのも楽しくて。メジャーデビューした後、初めて先輩と関わりを持てた場所かもしれないですね」(松尾)

「すごくよく覚えてるのは“これ聴いてください“ってサンプル盤を渡してくれて、俺は自分で買って持ってたんですけど、CDにレミちゃん直筆の手紙を添えてくれて“よろしくお願いします“ってちゃんとメンバー1人1人に書いてたんだよね。それがまたうれしくてさ」(光村)

「覚えていてくださること自体がうれしいですね」(松尾)

「いまだに俺のCDラックのGLIM SPANKYのところにはその手紙がはさまっています」(光村)

次ページは:■今まで二日酔いしたことがなかったんです(松尾)

1/3ページ

【関連記事】

  • 【特集】過去出演者アーカイブ映像も配信中「GYAO! CLUB INTIMATE」>>
  • 【ミュージックビデオ】「NICO Touches the Walls」無料配信中>>
  • 【ミュージックビデオ】「GLIM SPANKY」無料配信中>>
  • カトパンそっくり芸人、22kgの減量に成功......ビフォーアフター写真に驚き>>
  • 東野幸治らが手を焼いた酒癖の悪すぎる芸人>>
光村龍哉