木梨憲武が大阪で個展開催 妻・安田成美の発想を作品に

作品をアピールする木梨

 お笑いコンビ「とんねるず」の木梨憲武(56)が12日、大阪市の大阪文化館・天保山で行われる「木梨憲武展 Timing―瞬間の光―」(13日~9月2日)の施設内覧会に登場した。

 同展は、英国・ロンドンで6月21日から開催した個展に、新作を交えた国内最初の個展となり、東京五輪開催の2020年までに国内14会場を巡回。流木を拾ってきて作ったオブジェや、妻で女優の安田成美(51)から発想を得た「妖精」をテーマにした作品などが展示されている。

 関西には多くの友人や後輩がいるという木梨だが、大阪での開催は初めてとあって「僕のふるさとである大阪から始める…何でやねん」とボケけ、笑いを誘った。

 木梨といえば、サインに「ペレ」と書くことで有名だが、「初めての大阪なんで、1か月ちょっとの間に何回か会場にも来ようと思ってます。会場でお会いしたら、できるだけ『ペレ』って書こうと思います」と意気込んだ。今のところ、会場内に「ペレ」と書き込んではいないそうだが、「最後の締めまで、まだ時間があるので、マジックを持ってふた周りくらいフラフラして、どこかに落書きを加えたいなと思います」と笑った。

 芸能界屈指のサッカーフリークとあって「大阪に5泊してるんですけど、(ロシア)W杯と錦織(圭)君のテニスが入って、ほぼ寝てないんですよ」と、展覧会の準備と重なり寝不足気味だそう。フランス対クロアチアのカードに決まった決勝戦については「どちらが勝っても、おかしくないよね」と楽しみにしていた。

 一方、日本代表MF柴崎岳(26=ヘタフェ)が「交際中の女優・真野恵里菜(27)と結婚」と報じられたことについて「知らなかった」とビックリ。「日本代表のMVPと言っていいし、もっと上に行ける選手。結婚して一緒に(スペインに)行くんでしょうね」と祝福した。

【関連記事】

  • 木梨憲武 アート活動のきっかけは「生ダラ」
  • 安田成美 夫・木梨にエール「歌も歌ってもらいたいし、ライブもやってもらいたい」
  • 「みなおか」最終回視聴率9・7% 石橋&木梨「バーイ・センキュー」
  • 木梨憲武 俳優業へシフトチェンジか 水谷豊頼みで“5代目相棒”狙う
  • 木梨憲武 、 安田成美 、 とんねるず を調べる
発想