鈴木亜美 過剰すぎる“激辛愛”

ヨガイベントを開催した鈴木亜美(手前)

“激辛女王”の半端ない日常とは――。歌手・鈴木亜美(36)が「ジューシーフェイスヨガプロジェクト」のスペシャルサポーターに就任し10日、都内でヨガイベントを開催した。最近、激辛好きが認知されるようになった鈴木は「私の体は98%のカプサイシンと2%の水でできている!」と、故川島なお美さんを思い出させる名言で“激辛愛”をアピール。歌手として刺激物を過剰摂取するのは好ましくないはずだが、なぜか鈴木の場合は事情が違うようで、とんでもない食生活を送っていた!!

この日、鈴木が参加した「ジューシーフェイスヨガプロジェクト」とは、国内最大手のホットヨガスタジオ「LAVA」と「エイベックスビューティーメソッド」(ABM)がコラボし展開するプロジェクト。ABMが開発した耳につけるだけの美顔器「イヤーアップ」を装着しヨガを行うことで、体液の循環を良くして内面も外見もみずみずしいジューシーさを手に入れるというものだ。

 1年半前に男児を出産し、育児で疲れている鈴木にはうってつけのリカバリー法だが、実際にやってみて「イヤーアップのつけ心地がいいし、つけてるのを忘れちゃうくらい」と、満足げな笑みを浮かべた。

 鈴木は最近、テレビで激辛料理を食べる姿がたびたび放送され、すっかり激辛好きとして認知された。「辛い食べ物を食べると楽しくなって世界がキラキラする」と平然と話している。

 普段、激辛料理店を訪れるときも「お店が出せる一番辛いレベルを注文する」と話す鈴木は、自宅でも「おみそ汁1杯に一味唐辛子を瓶1本入れて飲んでるので、いつも箱買いしてます」と仰天告白。さらに「私の体は98%のカプサイシンと2%の水でできている!」との名言まで飛び出し、自身の“激辛愛”をアピールした。

「私の体は○○でできている!」というセリフで思い出されるのは、故川島なお美さんだろう。大のワイン好きとして知られ「私の体はワインでできている!」というセリフはあまりにも有名だが、鈴木の“激辛愛”は川島さんの“ワイン愛”に劣らないレベル。事務所関係者も「勧められて同じものを食べたら、舌にひとサジ乗せただけで命の危険を感じた。常人にはマネできるレベルではなく、よっぽど好きじゃないとあんな激辛料理は食べられない」と舌を巻くほどだ。

 過度の刺激物摂取は歌手の命でもあるノドに好ましくなさそうにも感じさせるが…。

 先日、鈴木が出演した音楽番組を見た音楽関係者は「代表曲の『BE TOGETHER』を歌ってたけど、出産を経ても全盛期と変わりない歌声とスタイルに周りの関係者も驚いていた」。

 今後も“激辛女王”に君臨し続けるのは間違いない!?

【関連記事】

  • 鈴木亜美が仰天告白「みそ汁に一味唐辛子を瓶一本入れて飲む」
  • 鈴木亜美“小室ファミリー”安室の引退発表に「寂しいです」
  • 鈴木亜美がママタレ界に参入へ 抜群歌唱力で「子守歌CD」出す?
  • 鈴木亜美 出産後2か月で13キロ減「2人目は女の子がほしい」
  • 鈴木亜美 、 カプサイシン 、 BE TOGETHER を調べる
鈴木亜美