山崎賢人「ピュアな主人公」と小児外科の「優しいまなざし」…「グッド・ドクター」の描く世界とは

7/12(木) 9:25配信

一人でも多くの子どもを大人にしたい…山崎賢人演じる湊の魅力

山崎賢人(※「崎」は正しくは「立さき」)が主演するドラマ「グッド・ドクター」(毎週木曜夜10:00-10:54※初回は夜10:00-11:09、フジテレビ系)が12日、スタートする。山崎は、本作で医療ドラマに初挑戦。舞台はこれまで描かれることが少なかった「小児外科」の現場で、主人公は自閉症スペクトラム障がいとサヴァン症候群の青年だという。これまでに類を見ない背景を持つ“新しい医療ドラマ”の形とは。

【写真を見る】みなぎる緊張感!湊(山崎賢人)の路上での応急処置シーン

■ 主人公・新堂湊という人物

山崎演じる新堂湊は、小児外科で働くことになったレジデント(後期臨床研修医)。驚くべき記憶力の持ち主で膨大な医学書をすべて暗記し、医学部も首席で卒業。医師としての知識量は驚異的だが、自閉症スペクトラム障がいを持ち、コミュニケーションに難しさを抱えている。

湊の強烈な個性は、12日放送の初回、序盤から大いに発揮される。

まずは冒頭。街なかで子どもが巻き込まれる事故に遭遇した湊は、膨大な知識の中から情報をたぐり寄せ、ボールペンやカッター、ストローなどを使い、てきぱきと応急処置。鮮やかな手さばきが、見る者を惹きつける。

続く病院の初出勤シーンでは、先輩医師や患者の母親たちに“空気を読まない”発言を繰り返す。周囲をいら立たせる湊だが、当の本人は、相手がなぜ怒っているのかわからない。客観的エピソードを重ねて、発達障害の人々が抱える“困り感”、ドラマで湊が向き合うことになる“葛藤”を提示していく。

■ 共演者も絶賛する山崎賢人の魅力

山崎は、医師役、自閉症スペクトラム障がいの役柄ともに初挑戦。塗師や足袋屋、ホスト、調律師などさまざまな役柄を経験してきた山崎にとっても、今回の役どころは大きな挑戦だ。

サヴァン症候群という設定のため、膨大な医療の知識をコンピューターのように早口でよどみなく口にする。さらに、障がいを持っているため口調にも特性が現れる。非常に努力が必要な役どころだ。

そんな湊を演じるにあたり、撮影前からセリフの言い方やしぐさ、表情までスタッフと細かく話し合いを重ね、入念に役を作っていった。番組スタッフによると、医療ドラマ特有の膨大なセリフの中でも緻密に役を演じあげている山崎に、共演者も驚きを隠さないという。

山崎自身は湊について、「本当にまっすぐで、子どものような気持ちを持っていて、ピュア」だと語る。

「一人でも多くの子どもを大人にしたいという、湊のそのピュアな気持ちは絶対ブレない。それがあれば大丈夫かなと思っているんです。といっても、まだ小児外科医になりたての1年目なので、気持ちだけじゃどうにもならない。あとは、障がいがあるがゆえの“人とうまくいかない部分”をどうしていくかっていうのが難しいですね」。山崎自身、手探りで“湊”というキャラクターと向き合っている。

■ 「小児外科」の現場に光を当てる

「グッド・ドクター」は、これまで各局がヒット作を生み出してきた「医療ドラマ」というジャンルに新たな風を送り込む作品だ。

舞台は、ドラマで取り上げられることの少なかった「小児外科」の現場。小児外科医は現在、圧倒的に数が不足している。2016年の厚生労働省資料によれば、国内の医師304,759人のうち、小児外科で働く医師は802人。割合にして0.3%にすぎないという。

小児外科医が少ない理由はさまざまだ。相手が子どもで長時間寄り添う必要があることや予想外の事態が起こりやすいこと、親から訴訟を起こされる可能性が高いことなどから勤務は過酷。また、多くの人手や年齢に合った器具をそろえなければならないなど採算をとることも難しく、「小児外科」自体を設置していない病院も多いという。

今回、山崎は実際に小児外科を訪問。「壁にジブリの絵が貼ってあったり、手術するときにディズニーの音楽が流れていたり。子どもたちが『病院って嫌なところじゃない』っていう気持ちでいられるような工夫があって、先生たちも患者さんやその親御さんとコミュニケーションをとっていて、優しい人たち、という印象でした。素敵だなって」と印象を語る。

■ 描きたいのは“患者と医師の心の機微”

「ドクターX」シリーズ(2012年ほか、テレビ朝日系)や「ブラックぺアン」(2018年、TBS系)など、医療ドラマといえばスリリングなオペが見どころの一つだが、本作はそんな医療ドラマのセオリーとは一線を画し、患者と医師の心の機微をメーンに据えている。

コミュニケーションに難しさを抱える湊というキャラクターの成長、そして、山崎が現場を目にして感じた小児外科医療の持つ“優しさ“も、その「患者と医師の心の機微」を際立たせる。

放送開始にあたり、山崎はある使命感を口にする。「日本の小児外科の現状を知ってもらって、少しでも小児外科医っていう場所がもっといい方向になるように、そんなメッセージを届けたいなって。ドラマを見て小児外科医を目指す人が増えたり、小児外科医が増えたり、そんなふうになればいいなっていうくらい、気持ちを込めて演じたいなと思っています」

これまでの医療ドラマの主人公とは異なる、“ピュアで優しいまなざし”を持った青年が作り上げる、新たな医療ドラマに注目だ。

(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 山崎賢人主演「グッド・ドクター」、主題歌はandrop「Hikari」に決定!
  • 山崎賢人「常に優しい感覚を持ってしゃべっています」 主演ドラマ「グッド・ドクター」独占インタビュー
  • “スイちゃん”川島夕空、山崎賢人主演「グッド・ドクター」に出演決定!
  • <“イケメン”に会える!夏ドラマ10選>山崎賢人、吉沢亮、窪田正孝、中川大志…旬な俳優チェック!!
  • 山崎賢人の笑顔が子供を包み込む「グッド・ドクター」ビジュアル解禁
山崎賢人