『半分、青い。』鈴愛が“魅惑のだめんず”と出会って6日で結婚!?徐々に近づいた永野芽郁と間宮祥太朗の関係

7/12(木) 8:15配信

「半分、青い。」で鈴愛(永野芽郁)に涼次(間宮祥太朗)がプロポーズ!

連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)で、ヒロイン・鈴愛(永野芽郁)と涼次(間宮祥太朗)が結婚するという驚きの展開を迎えた。

【写真を見る】涼次(間宮祥太朗)は雨の中で鈴愛(永野芽郁)を抱き締め告白。そして、プロポーズも…

7月5日(木)に「人生・怒涛編」へ突入した本作。「100円ショップ大納言」で出会った2人は徐々に仲を深め、11日(水)放送の第87話では、雨の中で涼次が鈴愛を抱き締めながら「好きです」と爽やかに告白。12日(木)放送の第88話では、涼次が鈴愛にプロポーズし、ユーコ(清野菜名)やボクテ(志尊淳)、母・晴(松雪泰子)らに唐突に結婚することを報告し驚かれる様子が描かれた。

出会って6日で結婚を決めるという、まさに“怒涛”の展開に、視聴者から、「きゃー! 付き合うかと思ったら結婚!」「電撃的…!」と注目が集まった。

放送前に行われた取材会で間宮は、鈴愛を演じる永野の印象や魅力、涼次と鈴愛の関係性などについて語った。

■ 僕の方がとても助けられました

――鈴愛役の永野さんの印象は?

最初に思ったのが、僕と芽郁ちゃんの接点が、最初はあるドラマのゲスト出演させていただいた時で、僕の次のゲストが芽郁ちゃんだったんです。その次の作品が映画「帝一の國」(2017年)で僕の後輩の恋愛している相手、その後のドラマ「僕たちがやりました」(2017年、フジテレビ系)では友達の彼女役と、徐々に距離が近づいていて、自分でも近づき方がちょっと気持ち悪いかなと思うくらい一歩ずつ一歩ずつにじり寄っている感じで…。鈴愛と恋愛をして結婚をするという役どころだと聞いた時に、「ついにここまでこぎつけたか!」と勝手に感じました(笑)。

これまでの作品では、撮影がそんなにかぶっていなかったのであいさつするくらいしか交流がなかったのですが、今回の撮影ではすごく助けられました。

鈴愛として生きてきた長さ、鈴愛という役に向き合ってきた時間を感じました。近くで見ていて、鈴愛も芽郁ちゃんも、その時感じた感覚を大切にするタイプだと思ったのですが、作りこんでいる部分ももちろんあると思うんですけど、その現場で実際に触れたものやその場の呼吸を拾って演技をされる方なので、彼女のリアルな感情の揺らぎというものを受けて、僕が演じることができたのですごい助けられたなと思いました。

印象的だったのが、鈴愛が泣くシーンで、撮影前は監督と芽郁ちゃんが「泣けるかな」というお話しをしていたんですけど、実際に撮影に入って、涼次と握手をして手の温度を感じた瞬間、蛇口をひねったぐらいの涙がポロポロ流れていて、お芝居中なのに「すごいな」と驚きました。こんなに信じられる涙はないなと感じて、とても頼りがいのある女優さんだなと思いました。

“朝ドラ”のヒロインで、いろいろなプレッシャーがあり、10カ月くらいある撮影スケジュールも大変だろうし、途中から僕が入って、何か少しでも助けることができたらいいなと思っていたのですが、逆でしたね。僕の方がとても助けられました。

――ご自身が涼次に共感したり、似てるなと思うところはありますか?

涼次の鈴愛への告白のせりふは、全てを表しているなと思っていて、律の「傘に落ちる雨の音なんて、そんなに素敵じゃないから、片方くらいでちょうどいいよ」というせりふがあるんですけど、涼次は「(傘を差さず)空の下に立てば、両方雨降ります!」と鈴愛に言うんです。僕自身は、涼次の感覚に近いかなと思います。あと個人的なことですけど僕も雨の日に傘を差さないのでなんかそれは共感できますね(笑)。

――鈴愛と涼次はお互い、どういうところにひかれたんだと思いますか?

例えば僕は北川さんの書かれる脚本が好きなんですけど、その脚本を好きということは、自然的にその人自身が好き、ということに繋がる部分があると思っていて、そこまで北川さんご自身(のパーソナルな部分)を知っているわけではないですけど、きっと北川さんの人柄も好きだと思うんです。

なので、涼次が「楡野スズメ」という漫画家の漫画が好きでファンであることが前提にある中で、「100円ショップ大納言」で出会った鈴愛ちゃんの波長や言葉、一緒にいる時のリズムが合ってひかれていったのではないのかなと思います。

元々、自分の好きな落ち着く楽しいリズムを持っていて、話すスピードや話す口調、会話のラリーのテンポが最初から心地がいいなと思っていて、そこから徐々にひかれていたのかなと。

そして、出会って間もない頃に涼次は鈴愛ちゃんから「漫画家を辞めたんです」と明かされているんですが、鈴愛ちゃんが弱い部分を見せてくれた、鈴愛が自分に打ち明けてくれたことで、憧れの漫画家さんから一人の女性として見ることができるようになったのかなと思います。

――涼次がひかれる鈴愛の魅力は何だと思いますか?

鈴愛は、北川さんが描かれたせりふが持つリズムと、芽郁ちゃんが持つリズムがブレンドされているようなキャラクターで、そのブレンドされたリズムがすごく魅力的だなと思うんです。

北川さんが書かれたキャラクター像と芽郁ちゃんのキャラクターが合わさって、誰とも似つかないヒロインになっていると思うので、僕はすごく好きだなと思いました。

僕、今までお芝居で恋愛をしてきていなくて、ピュアな恋愛をしているような役をやってこなかったのでその方法がわからないというか…(笑)、ある意味役者としては恋愛素人みたいなところがあるので、芽郁ちゃんの演じる鈴愛を信じようと思ったんですけど、鈴愛が頼もしすぎて信じざるを得ない状況になり、おんぶに抱っこでやらせて頂きました。

今回、涼次という役は鈴愛の目には格好よくは映るけど、何か格好いいことを言ったり、男としての魅力を見せつけるようなシーンはあまりないので、鈴愛と同じ目線に立って、横に立って、一緒に楽しい時間を作っていく人だなと思いました。

そういう人物なので、演じることに照れ臭さはあまりなかったのですが、鈴愛を抱き締めて告白をするシーンは、撮影して映像チェックしている時に、「(役者を)10年やっているけど、こんな自分初めて見た」という感覚になりました。

今まであまりやってこなかった分、「半分、青い。」を機に、どしどし恋愛する役を募集中です!(笑)(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • <半分、青い。>「鈴愛、律、誕生日おめでとう!」“恋愛を超えた何か” 2人の関係を振り返る
  • <半分、青い。>北川悦吏子が絶賛!「秋風ロス、律不在、全てをしょって立つ男」間宮祥太朗とは!?
  • 『半分、青い。』劇中作品を斎藤工が演出!「簡単なプロットを作って、北川さんたちに見ていただきました」
  • 「半分、青い。」“魅惑のだめんず”間宮祥太朗『国民の皆さまに愛されるように頑張りたい』
  • 『半分、青い。』が“人生・怒涛編”に突入!斎藤工「僕が映像業界を一番神々しく見上げていた時代」
関係