巨大魚GTを釣り上げた女性シンガー“岡田万里奈”って?オカマリ流ご飯が進む夏レシピ「ピリ辛アジユッケ」も紹介!!

沖縄で釣り人のロマン、GTを釣り上げて喜ぶ女性・岡田万里奈。音楽と釣りの活動を並行するシンガーだ

GT――グレート・トレバリー。和名は浪人鯵(ロウニンアジ)。主に暖海域に生息するアジ類の最大種で、180cmクラスも確認されている巨大魚だ。重く、引きが強く、キャスティングフィッシュで沖に出る釣り人なら一度は上げたいと思うこのドリームフィッシュを、岡田万里奈という釣り人がインスタグラムに公開した。

【写真を見る】オカマリ流「ピリ辛アジユッケ」。タタキにして焼き肉のタレで揉み、卵黄を落とすだけ。辛口ダレを使えばピリ辛な感じでご飯が進み、さらに七味を足しても美味しかった

岡田はモーニング娘。OG田中れいながリーダーを務めるガールズユニットLoVendoЯ・ツインボーカルの相方だが、大の釣り好きとしても知られている女性。釣り人としては“オカマリ”を名乗り、テレビでは「フィッシング倶楽部」(テレビ埼玉)にレギュラー出演し、おもしろキャラのコミュ力も発揮して、釣り業界界隈ではなかなかの人気者だったりする。

プライベートでも暇さえあれば釣りに出かけるというだけに、インスタグラムを掘るとGTの他にも出るわ出るわ、大小様々な魚の写真。中には巨大なタチウオの写真も。ルアーも自作するという釣りキチ“オカマリ”に、釣り上げたGTのこと、のめり込んだ釣りの醍醐味、ご飯が進む夏レシピ、そして、本業である音楽活動への目標を聞いた。

■ 10時間粘って釣った初GT!

――インスタを見て、「すげえの釣ってるな」というのが今回の取材のきっかけなんですが、このGT、サイズはいくつですか?

メートル超えはしてるんですが、正確には測ってないんですよ。釣れた時間が遅かったのと、GTってリリースが基本だと言われたので、記念写真を撮ってすぐに「ばいばい!」って(成長したGTは身にシガラ毒を持つためリリースが基本)。「これは!?」っていうくらいの大物だったら測ったんですけど、私のはまだまだの大きさだったみたいです。

――これでまだまだですか。

私(165cm)の半分以上はありましたけど、大きいのは180cmにもなる魚なんですよね。それでもすごく重くて、抱えるのが大変でした。

――GTは何年も狙って釣れていない人もいるくらいの大物ですよね。何回目のチャレンジですか?

GTはこれが初チャレンジだったんですよ。沖縄旅行中でのアタックで、釣れない話は色んな方から聞いていたので本当に奇跡です。でもこの日、朝から10時間くらい投げていたんですよ。ルアーキャスティングでポイントを変えながら。まったくアタリがなくて、普通、(午後)4時くらいには船を戻すんですけど、私が意地になっていたので船長さんも付き合ってくれて。沖縄なので明るく見えますけど、釣れたのは7時を回っていたくらいの時です。これで上げられなかったらもうダメだって、必死でした。トップウォーターにした時だったので、あまり潜られなかったのが良かったですね。

――インスタを遡っていくと、これまたすごいサイズのタチウオを釣ってますね。

これは去年、「東京湾タチウオバトル」(11月)で優勝した時のです。126cm、胴回りが指8本(普通は指4本で良型)くらい。「東京湾にこのサイズがいるの!?」って、上げた瞬間、船中がざわめきました。

――岡田さん、良い笑顔ですね(笑)。こちらは食べられたんですか?

家で捌いたんですけど、その時お腹から針が出てきたんですよ。釣られそうになったのを生き延びた子だったわけで、それを思うと悪いことをしちゃったなって気持ちになって食べられませんでした。家族は美味しいって、食べてくれましたけど(笑)。

■ 東京湾の釣りだって楽しいよ。byオカマリ

――他にはどんな大物を釣り上げていますか?

大きい魚ということならヒラマサ、シーバス(スズキ)がありますけど、大物ってそういうことじゃないと思ってるんです。例えばこの間、東京湾で70cmのマゴチを釣ったんですけど、これってかなりすごいサイズなんですよ(平均は40cm前後)。東京湾で、というのも大きくて。大物を狙うなら沖縄とかに行けばいいんですけど、さっきのタチウオみたいに、私は東京湾で釣ることに意味があると思ってるんです。

東京湾ってあまり良いイメージを持ってない方もいると思うんですけど、全然そんなことはなくて、沖に出なくてもたくさんの種類の魚が釣れるし、釣れたてのアジなんか本当に美味しいんです。東京湾で釣ってそれを食べる。そういう釣りの楽しさが最高だなと思っています。

――釣りはいくつの時から始めているんですか?

両親がフライフィッシングをやっていて、私も7歳の頃からフライを始めました。それから10年くらいずっと渓流一筋だったんですけど、渓流って禁漁期があるじゃないですか。その時期が暇だったので一度海釣りに行ったら一気にハマってしまって。渓流はリリースでやっていたんですけど、食べる魚を釣るというのもすごく楽しくて、それで東京湾に繰り出すようになりました。

――芸能界入りはヴォーカルオーディションですが、今は趣味の釣りにも仕事が広がっていますね。日刊スポーツのサイトで連載コーナーを持っていたり。

嬉しいですね。テレビだと「フィッシング倶楽部」にレギュラー出演していて、制作はテレビ埼玉なんですが、けっこう全国で放送されているので見ていただきたいです。

――芸能界には釣り好きが多くいるので、交流も広がっていきそうですね。哀川翔さん、木村尚さん(「ザ!鉄腕!DASH!!」のDASH海岸でお馴染みの海洋環境専門家)、アイドルではつりビットとも共演されていますね。

翔さんはすごい釣り好きですね。釣りとゴルフとカブトムシが翔さんの3本柱ですね(笑)。木村さんは釣り人ではないんですけど、お仕事柄周りに釣り人が集まってくるみたいです。楽しい方ですね。つりビットは「ツリラブ」(現在、放送終了)というラジオで共演して、私はガレッジセールの川田広樹さんとメインMCを担当していました。あとは釣り番組に呼ばれたら行く、みたいな(笑)。色々声を掛けてもらっています。

■ お金をかけない釣りがオカマリ流

――岡田さんは、釣りのどこに楽しさを感じていますか?

釣り上げること自体はもちろん楽しいんですが、私は「お金をかけない釣り」というのを1つの目標にして釣りを楽しんでいます。釣りってロッドやリール、道具にこだわり出すとお金がいくらあっても足りないんですよね。GTも人によっては何日も船をチャーターするし、大物狙いで海外に行く人もいるし。でも、ひょいって行って釣ってくるのだって楽しいんです。毛針も100円ショップの素材で作れるし、スプーンを叩いてルアーにすることもできるし。大物の引きも醍醐味ですけど、そういう地味な釣りも私は好きですね。

――それが東京湾へのこだわりですか?

それもあります。「ちょっと釣ってくる」みたいな感じで、身近で楽しめるのが釣りの良いところだと思います。

――今後、釣り上げたい魚はありますか?

GTはサイズアップを狙ってまたチャレンジしたいです。私は小さい魚も好きなので、何というより、色んな魚を狙いたいですね。来週(取材時、6月末)はマグロ釣りに行ってきます!

――マグロ!? 仕事ですか?

プライベートです(笑)。

――プライベートで「マグロ釣ってきます」と言う人はちょっといないと思いますよ。

そうですよね(笑)。マグロは前にも狙ったんですが、釣れなかったのでリベンジです。釣れたらインスタ載せますね。

――夏真っ盛りということで、魚を使った夏向けお手軽レシピを教えてください。

今の時期アジが美味しくて、ピッタリなのがあります。タタキみたいに細かくして、エバラとかの焼き肉のタレで揉むだけです。ユッケみたいですごく美味しいんですよ。私はアジが一番合うと思うんですけど、色んな魚に合うのでぜひ試してみてください。焼き肉のタレって辛味もあるので、ご飯との相性も抜群ですよ。

■ 音楽ユニット「おかまりん」で活動中

――音楽活動についてもお聞かせください。本業でいいんですよね?

本業です(笑)。最近は釣り人の方が有名になっちゃってますけど。

――岡田さんはLoVendoЯとは別に宮澤茉凛さん(LoVendoЯギタリスト)とのユニット・おかまりんでの活動をしていますが、どういうユニットなのか教えていただけますか?

おかまりんは正式にデビューしているわけでなく、元々はリーダーの田中さんが舞台仕事に入っている期間中、茉凛と2人だけでも何かやらないとねって始めたユニットなんです。2人セットで「おかまりん」って言われてたのをそのまま名前にして、ライブをやり始めて。

以前、LoVendoЯには魚住有希というもう1人ギタリストがいて、作曲はほとんど彼女がしてくれていたというのもあり、魚住が抜けた後、自分たちでの作曲が手薄になってしまったんですよね。それまで作詞はしていたんですけど、作曲もしなきゃってピアノを始めて。最初に作ったのが「出発(たびだち)の鐘」という曲で、それはスタッフさんからも「いいね」と言っていただけて、LoVendoЯのミニアルバムに収録されました。

そこからどんどん作曲するようになって、今は茉凛と2人で曲作りをしています。音源化の目標はあるんですけど、自分たちの曲を聴いてほしいという気持ちの方が強いですね。ゆくゆくはバンドセットでできたらいいなとも思っています。

――LoVendoЯ自体がバンドセットで活動するユニットですが、それとは別にですか?

LoVendoЯとは違うカラーで形にしたいんですよね。LoVendoЯはパフォーマンスがあって楽しい感じに、おかまりんはじっくり歌詞を聴いてもらう感じに。LoVendoЯはバラードが少ないので、それもあってピアノとアコースティックのおかまりんではゆっくりめの静かな曲が多くなっています。それにベースとドラムが入ったら、同じバンドセットでもLoVendoЯとはまったく違う音になって面白いだろうなって思うんです。それにはもっと音楽のクオリティを上げなきゃなんですけどね。

■ ライブ1つをやる大変さが知れた2人だけの活動

――おかまりんは2人の経験値を上げていく活動と捉えてもいいですか?

そうですね。それも大きいです。おかまりんを始めて、今までがすごい恵まれていたんだと分かったんですよ。LoVendoЯでのデビューは恵比寿LIQUIDROOM(東京)で、衣装も作ってもらって、スタッフさんも何人も付いてという環境で。1年目から大きなフェスに出させてもらったり。だけどそれは田中さんがいたからこそで、普通デビューしてすぐにそんな環境になんてならないですよね。

おかまりんでは、自分たちで仕事を取るところから始めたんですよ。今までの人脈でライブ出演をさせていただいて、機材の運搬や物販、経費の管理も2人だけでやって、本当に何もかもイチから自分たちで。ライブ1つやることの大変さを知って、今までもスタッフさんに感謝はしてましたけど、全然感謝し切れてなかったんだなと思いました。

LoVendoЯだけをやっていたらこの大変さを知らないままだったと思うし、だから、すごく良い経験になっています。おかまりんを始めて1年以上で、最近はライブハウスから声をかけてもらえることもありますね。

――売り込んで、2度目からはオファーを受けるというのは良い形ですね。LoVendoЯの活動についてはいかがですか?

今LoVendoЯの活動については明確なお知らせはまだできないんですが、ファンの方が活動を待ってくれているというのはちゃんと届いてます。おかまりんの活動は本当に良い経験になっていて、LoVendoЯに戻ったら、スタッフさん、お客さんにこれでもかっていうくらい感謝すると思います。そういう恩返しをするために、今は自分にできることを頑張って、スキルアップをして、もっと色々なことを吸収していかないと。そういう積み重ねで身に付けたものを持って、LoVendoЯをいい形で再開できればと思います。

――7月24日が25歳の誕生日。バースデーイベント(7月21日)も控えているということで、25歳の抱負をお願いします。

25歳ってもうずいぶん大人ですよね。あっという間に25歳になっちゃったなっていう感覚なんですけど、自分の中身はあまり変わってないかも(笑)。この1、2年悩むことが多かったけど、今は音楽って楽しいなと思えていて、この気持ちを大事に歌っていける毎日を作りたいと思います。

(ザテレビジョン・取材・文:鈴木康道)

オカマリ流ご飯