2人体制になったキャンディzooが目指すのは「ケチャップになりたい!」(かこちゃん)&「鳥になりたい!」(ゆうゆ)

2人体制で新たなスタートを切ったキャンディzooのミーアキャット担当・ゆうゆ(片山結愛、右)とペリカン担当・かこちゃん(菅谷夏子、左)にインタビュー!

キャンディzooがメンバーの卒業を経て、ミーアキャット担当・片山結愛(ゆうゆ)とペリカン担当・菅谷夏子(かこちゃん)の2人体制で新たなスタートを切った。そこで、新体制になっての意気込みや今後の目標、さらに学校生活などについて2人に、4回にわたって語ってもらった。

【写真を見る】ゆうゆ、かこちゃんに襲い掛かる!?

キャンディzooは、“動物園系アイドルユニット”をコンセプトに活動。5月のワンマンライブで1期生のレッサーパンダ担当・西里梨奈、ペンギンさん担当・山本丕見子、ひつじさん担当・坂牧佑菜の3人がグループを卒業し、6月からは2人で活動している。

■ 2人体制になってみて…

――2人体制でのライブをいくつかやりましたが、感触はどうですか?

片山:5人よりも歌が大変! 実感した。

菅谷:色んな事が大変だよね。

片山:うん。ダンスも覚えなきゃだし、歌も覚えなきゃだし。

菅谷:私は全然。

片山:それ、すごくない?

菅谷:メンバーが休むことが多々あって、その時に何人バージョンとかでやってたんで、私はそれくらいの感覚で。

片山:この2人でやることって、あんまりなくなかった?

菅谷:そうだね。あんまないけど、振りを覚える時は、そのくらいの感覚だった。でも、ライブってなると大変です。

片山:大変!

――受験でメンバーが揃わなかった時の経験も役立ってるんですね。

菅谷:そうですね。それがなかったら今、大変。

片山:もっとパニクってると思う。

菅谷:「あー!!」ってなってるね。

片山:うん。

――これは2人だと大変だなっていう事はありますか?

菅谷:歌? 体力が全然もたない。

片山:ビックリするくらいね。もたない!

菅谷:うん。

――5人で歌ってたのを2人でってなると、やっぱり大変ですよね。

菅谷:うん、すごいですね。

片山:倍の疲れが。

菅谷:倍以上だよね。

片山:ライブ終わりが…。

――ライブ終わりは、どんな感じなんですか?

菅谷:2人で崩れ落ちて。

片山:「ヤバい! ヤバい!」って言ってる。

菅谷:ステージからハケて、マイクをスタッフさんに渡して、「ありがとうございました」って言ったら崩れ落ちます!

――今までとは比べものにならないくらいの疲れですね。

片山:はい。

菅谷:そうですね。楽屋に戻るまで、時間が大分掛かります(笑)。

――楽屋までが遠い道のりですね。

菅谷:はい、遠いです!!

――2人体制への、ファンの反応はどうですか?

片山:「良い!」って言ってくれてるよね。

菅谷:結構、最初は「どうなるんだか?」っていう感じだったんですけど。

片山:心配されてたけどね。

菅谷:私たちの思いが伝わってればいいな!みたいな感じです。

――ファンも2人のパフォーマンスを見て、新しいキャンディzooに期待してくれてますか?

片山:「良かったよ!」って言ってくれる人が多かったです。

菅谷:Twitterとかエゴサすると、「良かった」って結構言ってくれてて。「あっ、良かったんだ!?」って思いました。

■ ゆうゆ&かこちゃんはお肉が大好き!

――そんな素敵なファンの皆さんとはオフ会やったりとかで、触れ合ってますよね。この間は、バーベキューやってましたが、バーベキューはお好きですか?

片山&菅谷:はい!

片山:お肉が食べられる!

――何肉が好きですか?

菅谷:豚肉です!

片山:牛タンです。

菅谷:タン?

片山:うん、最近ハマったの。

――大人ですね。

片山:はい、大人への第一歩です!

菅谷:レモンつけるんでしょ。

片山:レモンつけない。私、ついついタレをつけちゃうんですよ。

菅谷:独特な食べ方ですね。でも、そんなこと言ったら、私は何でもケチャップかけて食べるよ。

片山:それはちょっと無理だ。

菅谷:ケチャップなら、何にでもつけて食べられます。

■ かこちゃんのケチャップ話を掘り下げる!

――前にTwitterに画像をアップしてた、卵焼きにもケチャップですか?

菅谷:つけます!

片山:いやいや。

菅谷:逆に何でつけないの? つけるのが普通じゃない?

片山:合わないじゃん。

菅谷:合うんだよー! スクランブルエッグにはケチャップじゃん。無性にケチャップを食べたくなると、ブロッコリーにも普通にケチャップつけて食べるし。

片山:えー。

菅谷:めっちゃ美味しいんですよ、ブロッコリーにケチャップ。

片山:ケチャップは美味しいよ!

菅谷:オススメ、本当に! ブロッコリーにケチャップは最強なの!!

片山:マヨネーズじゃなくて?

菅谷:うん、ケチャップ! マヨネーズは、あんま好きじゃないから。ケチャップ派!! どうでもいい…話逸れてるし。

――いや、ケチャップ話を掘り下げましょう。

菅谷:この前、ゆうゆがポテト食べてたんですけど、ケチャップだけもらいました。

――ケチャップだけですか?

菅谷:ケチャップだけチューっていけます!

片山:無理だー。

菅谷:ケチャップ、本当に好きなの。だからさ、ケチャップライスってご飯にケチャップをかけて炒めるじゃないですか。私、炒めないで食べますし。

片山:えっ?

――ケチャップご飯?

菅谷:はい、そのまま。

片山:えーっ! 白ご飯に?

菅谷:そう、白ご飯に。

片山:それ、ヤバいよ。

菅谷:全然いける!

片山:健康じゃないよ、それ。

菅谷:いや、健康! 健康!! 炒めてるか、炒めてないかの違いだから。

片山:あっ、そうか。

菅谷:炒めちゃうと、ケチャップの味が薄まる! 私、絶対オムライスは黄色が見えなくなるくらいケチャップかけて食べる! あと、ケチャップライスはめっちゃケチャップ大量にしてもらいます。普段の3倍くらい入れてもらいます。

片山:ヤバい!

菅谷:ホント、ケチャップなの。ケチャップになりたかった!(笑)

片山:生まれ変わったらケチャップ? ケチャップになりたくないー!!(笑)

■ ゆうゆ「鳥になって風を感じたい!」

――かこちゃんはケチャップに、ゆうゆさんは何になりたいですか?

片山:何になりたいか…? 鳥になりたい。

菅谷:あれっ!? じゃあ担当動物、交換する?

片山:交換しよう! 違う。あのね、空を飛びたいんだ。

菅谷:あー、うん。

――自由に?

片山:そう。自由に空を飛んで…あのね、どこでもドアってあるじゃん? じゃなくて、飛んでどこかに行きたいの。

菅谷:やだ。どこでもドアがいい!

片山:何で!?

菅谷:どこでもドアの方がよくない?

片山:どこでもドアは、すぐにヒュンって行っちゃうじゃん。

菅谷:うん、それがいい。

片山:その間に旅ができるじゃん、飛んでたら。

菅谷:えっ、だったらその各地にヒュンって。ははは(笑)。

片山:もうダメだ(笑)。

――どこかに行く時、風を感じたいですよね。

片山:はい! 風を感じるのが1番だよ!

■ 2人は似てる? 似てない!?

――2人で結構、意見が食い違ってますが大丈夫ですか?

菅谷:意外と大丈夫だよね? お互い、性格似てるよね??

片山:えっ!?

菅谷:結構サッパリしてる感じ。

片山:あぁ、それはあるね。

菅谷:けど、考えてる事は全然違うと思います。

片山:考えてる事は、真逆なことが多くない?

菅谷:うん。でも、結構共通点あるんですよ! チーズが嫌いとかね。

片山:うん。それだけじゃない?

菅谷:違う、何かもある! きっと探せばある。

片山:これから探そう、共通点を!!

菅谷:探しまーす! チーズの共通点だけで満足しちゃってるんで、探そうと思います。

【キャンディzoo、ツンデレユニットを目指す!? 「頑張ろう!」(かこちゃん)、「響きも良い!」(ゆうゆ) へと続く。同記事は7月13日(金)朝5時配信予定】(ザテレビジョン)

ケチャップ