けやき坂46、「走り出す瞬間」ツアー2018を完走 ハッピーオーラで会場を笑顔に

けやき坂46「『走り出す瞬間』ツアー2018」ファイナル公演(9日・10日/幕張メッセイベントホール)より。

 アイドルグループ・けやき坂46が、『走り出す瞬間』ツアー2018のファイナル公演を9日・10日の幕張メッセイベントホールにて開催した。2日間で14000人のファンと共に笑顔で完走、最終日はWアンコール含め24曲を歌って幕を閉じた。

【写真】けやき坂46「『走り出す瞬間』ツアー2018」ファイナル公演より。

 6月4日、パシフィコ横浜国立大ホールから始まった東名阪5都市10公演、45000人規模のツアー「走り出す瞬間」ツアー2018が遂にファイナルを迎えた。同ツアーでは6月20日に発売したデビューアルバム『走り出す瞬間』収録の18曲の新曲を初日すべて披露した。

 公演は新曲「ひらがなで恋したい」からスタート。ツアー開始前日にキャプテンに就任した佐々木久美は、序盤のMCで「幕張ファイナル楽しんでますか~? このツアーもあっという間で、最後で悲しいのですが、楽しみましょう」と挨拶。加藤史帆は「大切なアルバムのツアー最後なので、日本で一番ハッピーな時間を過ごしましょう!」、高本彩花「このツアーが本当に最後だから、明日動けないくらい出しきります。皆さんも明日動けないくらい、体クタクタになるくらい盛り上がって楽しんで行きましょう!!」と意気込んだ。

 幕張メッセイベントホールでは、各地のホール公演には無かったトロッコでの移動やセンターステージが設けられ、メンバーがファンの近くまで行ってパフォーマンス。本編最後の曲「車輪が軋むように君が泣く」では、メンバーの呼びかけでファンとともに大合唱。会場中を走り回り、ファンと一体となって歌い、彼女たちのモットーである「ハッピーオーラ」で会場中を笑顔した。

 最終日のアンコールでは、学業で活動を休止しているメンバー・影山優佳が登場し、改めてファンに活動休止を報告。影山は「けやき坂46の活動をお休みさせていただくことを直接報告しに来ちゃいました。今回けやき坂46にとってデビューのライブに参加できて嬉しいし、迎えてくれて感謝の気持ちでいっぱいです」と述べ、ファンからの声援に涙を見せ、アンコール・Wアンコールの4曲に参加した。

 最後のMCでは、キャプテン・佐々木久美が「2018年に入って、テレビのレギュラー番組を2本、舞台、武道館、アルバムリリース、そしてツアーと恵まれた事ばかりです。恵まれていてもファンの皆さんの声援に応えられてるのかな?と不安になることもありましたが、このツアーのステージ立って、声援を送ってくださる皆さんの力になれてるのかなと思いました。私たちはライブが大好きです。これからもハッピーな空間を作り続けて行けたらと思います。初心を忘れず、謙虚、優しさ、絆で頑張って行きたいと思いますので、これからも宜しくお願いします」と改めてメッセージを贈った。

 また、アンコールのMC中にはスマートフォンゲーム『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』の舞台版に、けやき坂46(ひらがなけやき)のメンバーが出演することが発表された。舞台は8月24日(金)~9月9日(日)TBS赤坂ACTシアターにて行われる。

【関連記事】

  • “ひらがなけやき”全員が浴衣姿で『B.L.T.8月号』表紙をジャック
  • 平手友梨奈の「服が放つ気分を瞬時に感じとるセンス」に担当編集も脱帽 ガーリーとクールの2面性を表現した「欅坂46ツアー公式BOOK」発売
  • ひらがなけやき、ツアー初日のスタートダッシュ「私たちの『走り出す瞬間』」
  • けやき坂46ツアー直前特番にて佐々木久美のキャプテン就任発表
  • けやき坂46、初の白制服がまぶしい1sアルバムキービジュアル公開
笑顔