DISH//が“新曲「Starting Over」をリリース!「僕らへの手紙のような曲だと思った」

新曲「Starting Over」をリリースするDISH//

ダンスロックバンド・DISH//が、4人体制となって初めての開催となった全国ツアー〝劇春!!ロックンロール ダンスダンス革命〟も大盛況のうちに閉幕。そんな彼らの次なるアクションは、ニューシングル「Starting Over」のリリースだ。〝再出発〟を意味する今作への想いとともに、秋に行われる東西野音公演への意気込みを語ってもらいました!また今回も360度動画にて、メンバートークをお届けします!

新曲「Starting Over」をリリースするDISH//

■ ハプニングすらプラスに転ぶのがDISH//らしい(柊生)

――ことし4月1日からスタートした全国ツアー〝劇春!!ロックンロール・ダンスダンス革命〟も残すところあと1公演(取材時)ですが、現時点での手応えは?

北村匠海:新体制で始まったツアーなので、最初はやっぱりいろんな想いでステージに立っていました。それは多分、スラッシャー(ファンの総称)たちも同じだったと思います。だけど、回を重ねるたびに自分たちの中では確信につながっていくというか、このツアーがいいものになる気しかしない。春ツアーでは、その都度何か進歩したり、吸収したりしてきたので、ことしもそれができてる気がします。

――(泉)大智くんは今ツアーからダンスも披露してますね。

泉大智:はい。最初のころはやっぱり、一生懸命踊らなきゃとか、振り何だっけ?とか、頭の中がそういう不安でいっぱいいっぱいだったんですけど、最近はいい意味でちょっと余裕が出てきて、楽しく踊れるようになってきました。

匠海:余裕と自信が出てきたよね。

――思い返せば、ツアー直前には匠海くんが右手首をけがするというハプニングもありました。匠海くんの怪我の一報を聞いたとき、どう思いましたか?

北村:あ、それ聞きたい。

橘柊生:ツアーできないなぁって思いましたね。それと、とりあえず一旦みんな落ち着こう、って(笑)。でも、そういうハプニングすらプラスに転ぶのがDISH//らしくて面白いなと思いましたね。匠海が怪我したことで見つかったこともあったりとか。マイナスがあればプラスもあるというか、山あり谷ありだなぁっていうのは感じました。

矢部昌暉:僕は、ダンスロックバンドはどうなるんだろう?って思いました。楽器を持って踊る人は僕と匠海だけだったから。匠海が怪我してギターも持てないし、踊れないってなって、本当、初日のライブが始まるまで不安だったんですけど…。でも、いざ始まってみたら、匠海がハンドマイクで歌う頼もしさもあるし、匠海が弾けない分、自分がギターを頑張らなきゃっていう気持ちがいいプレイにつながったりして。なので、初日を終えた後は、これはすごくいいツアーになるなっていう気持ちに変わりました。

■ 「Starting Over」は、まず僕らの背中を押してくれるような曲(匠海)

――そんなツアーを終えた直後に、ニューシングルがリリースされます。4人体制となって初めてのシングルが、〝新たな旅立ち〟を意味する「Starting Over」と聞いてどう感じましたか?

匠海:この曲は新井(弘毅)さんという、僕らのライブのプロデュースもしてくれている方が書いてくださったんです。大智が入る前からずっとDISH//を見てくれている人なので、タイトルを見たときもすぐにどういう意味合いなのかも分かったし、僕らへの手紙のような感覚だったというか。まず僕らの背中を押してくれるような曲で、そうやって前を向いた僕らを見て、スラッシャーのみんなも前を向いてくれるんじゃないかなとか、いろんな想いが込められてます。

柊生:この曲のMVは、ライティングが凝ってて、僕はすごく好きな感じで。最初はちょっとダークな印象なんですけど、最後はバーッと明るくなる。1曲を通して、一つの物語のようにになってるんです。曲のメッセージも、聴く人の状況によって、いろんな捉え方ができるんじゃないかなって。僕ら自身にとっても「Starting Over」ってタイトルはぴったりだなと思います。

昌暉:この曲のBメロでは、柊生が熱唱してるんですよ。いつも匠海がメインで歌うことが多いので、他のメンバーの歌っていうのはなかなか聴く機会が少ないと思うんですけど、「Starting Over」の柊生の歌声にはすごい思いがこもってて、聴いててグッときます。

――カップリングについても聞かせてください。「That’s My Life」の聴きどころは?

大智:僕はこの曲、すごく好きで。直感的に気持ちいい音楽っていうか。ノりやすいし、ライブでも絶対映えると思うので早く叩きたいなって思います。

匠海:この曲は、サビに入る直前の昌暉の声がめちゃかっこいいんですよ。昌暉は僕と違っていろんな声が出せるので、やっぱりすごいなって。

昌暉:確かに。

匠海:そういうところはあんま好きじゃない(笑)。

4人:爆笑

匠海:でも本当、今回は他にも『Sa-Ra-Band ~恋するマーズ~』っていう昌暉が主役の曲もあるし、結構昌暉がかっこいいと思う.

柊生:昌暉シングル?

匠海:そうだね。今回は、昌暉シングル。

――では昌暉くん、「Sa-Ra-Band ~恋するマーズ~」のポイントを教えてください。

昌暉:「Sa-Ra-Band~」は曲の中にコントがあるっていうちょっと珍しい曲で。今回、僕がふんする〝マーズ〟が主役ということで、今までいろいろやってきた中でも気合いを入れて臨んだので、一番面白いんじゃないかな。電車の中で聴くのは止めた方がいいかも(笑)。

匠海:ハードル上げたね。

昌暉:本当、クッションをバンバン叩いちゃうくらい笑うと思う。

大智:そんな笑わないよな(笑)。

柊生:「Sa-Ra-Band~」大智の台詞で〝あと、大好き〟って後付けみたく言うところも必聴です。

大智:本当は最初のテイクの方が、流れもよくて面白かったんですよ。でも、〝あと、ダイスケ〟にしか聴こえないってことでボツになりました(笑)。それが使えなかったのがちょっと悔しいです。

――そして、「ただ抱きしめる」はピアノの音色と匠海くんの声が印象的なラブソングです。

匠海:この曲、すごく照れくさい感じの歌詞なんですけど、(歌詞を)書いてもらったのが女性というのもあって繊細だし、僕自身も共感できるというか。その気持ちをただ伝えたいっていう想いで歌いました。

大智:「ただ抱きしめる」の匠海、すごくいいです。

匠海:うっすいコメントだな~(笑)。

大智:いやいや。ピアノとバンドが邪魔してなくて、歌が際立ってるなって。

柊生:それ、アレンジを褒めてるんじゃない?

匠海:僕のことではないね。

大智:ちげーよ! 匠海の歌がすごく際立って聴こえると思います!

■ 昌暉は「最近どうなの?」って聞くと面白い答えが返ってくる(柊生)

――ちなみに、「Sa-Ra-Band~」の中では4人がふんするキャラクターが恋の相談を行っていますが、日ごろから相談し合うことってあるんですか?

匠海:仕事の話とかは個々にすることはありますね。相談っていうより、聞いたり、聞いてもらったりって感じですけど。

柊生:僕は普通に大智とご飯行ったりとか、一時期は銭湯にハマってたので2人でサウナに入りながらとか、いろんな話をしたよね?

大智:銭湯、あったね~。

柊生:匠海とも2人で話す機会が多いんですけど、逆に昌暉とは相談とかってあんまりしないかな。でも、昌暉の場合、「最近どうなの?」って聞くと面白い答えが返ってくるんですよ。きょうも初めて知ったことがあって、昌暉は最近1人でゴルフ始めたっていう。

匠海:なかなか面白いよね。

柊生:何だよ、それ!?っていう(笑)。昌暉はあまり自分から言ってこないんで、僕の方から「最近何してる?」って聞くのが好きなんです。

――昌暉くんがゴルフを始めた理由は?

昌暉:いや、何か、遊びに行った友達の家の玄関先にゴルフバックが置いてあって。「あ、やりたい」と思って、1人で打ちっぱなしに行きました(笑)。

■ DISH//は太陽の光が似合うグループだと思う(柊生)

――シングルリリース後は各地のイベントに続き、9月に東京と大阪の野音でワンマンライブを行うことが決定しています。最後に意気込みを教えてください。

匠海:野音は春ツアーのまとめ的な意味合いもあります。タイトルが〝音楽団祭り〟なので音楽を主体としつつ、でもDISH//だからエンタメ性もある感じでやりたいなって思ってます。野外に合う音楽を気持ちよく響かせることができたらいいなって。

柊生:個人的には野外のライブが好きなんですよ。僕らが目標に掲げている横浜スタジアムも、空が見える空間を思い切り走り回りたいとか、花火を上げたいとか、そういう願望があってのこと。DISH//は太陽の光が似合うグループだと思うので、秋の野音も今からテンションが上がってます。

昌暉:野音では匠海もギターを弾いて欲しい。春ツアーでのハンドマイクも頼もしいんですけど、やっぱり向かい合って一緒に弾きたいし、ギターのプレイ的にも匠海と僕とでは演奏の仕方が全く違うタイプなので。

匠海:そうだね。僕は結構パッション派(笑)。

昌暉:そう、気持ちでガツンと行くのが匠海で。僕はそういうタイプじゃないから、見ててもかっこいいなって思いますし。

匠海:僕の荒さを昌暉のギターが中和してくれるんですよね。

――大智くんはどうですか?

大智:新体制での初めての春ツアーで培ったものを、野音で出せたら……。東京と大阪、2公演しかないので、いいものをバンッ!と見せられるように頑張りたいと思います。

(ザテレビジョン・取材・文=片貝久美子)

手紙