大野拓朗、美女に囲まれデレデレ「怒られて気持ちよかった、幸せ」

7/11(水) 14:52配信

記者会見に登壇した大野拓朗、夏帆(写真左から)

7月14日(土)よりスタートする、真夜中ドラマJ「グッド・バイ」(毎週土曜夜0:00-0:30、BSジャパン/毎週土曜夜0:56-1:26、テレビ大阪)の記者会見が行われ、大野拓朗と夏帆が出席した。

【写真左から】徳岡敦朗プロデューサーは連続テレビ小説「わろてんか」を見て大野をキャスティング!

本作は、太宰治の未完の小説を原案にした羽生生純の同名漫画をドラマ化。複数の愛人がいるモテ男・田島毛(大野)が高校時代の先輩・別所(夏帆)と共に、愛人関係を清算していくコメディー。

ゲスな男を演じる大野は「一般的に最低なことをしているんですけど、ただただ純粋に全員の女性を愛しているので、僕は悪いことしていないです(笑)! 不倫でも愛人でもなく、恋人なんです! と本気で言っちゃう“ゲスかわいい”役です。犬のような、そして小学生のような」と役どころを説明。

2015年に舞台「グッドバイ」で田島毛の愛人の一人を演じていた夏帆は、「今回、現代風にアレンジされた脚本がとても面白く、今までに見たことがない『グッド・バイ』になるんじゃないかと思います」とアピール。

夏帆は、初共演となる大野の印象について「『子犬のような顔をするな』と田島毛に言うせりふがあるんですけど、大野さんが本当に子犬みたいな顔をしていて、ずるいな~ゲスいな~と思いました」と明かす。すると即座に大野から「いや! 僕自身は、ゲスい部分ないですよ!」とツッコミが入った。

そして、大野は撮影を振り返り、「こんな美女たちが恋人なんだと思うと幸せでしたね~。昨日の撮影では、愛人全員に囲まれて、全員から責められたんですが、怒られているのが気持ちよかった」とデレデレ。

さらに「ドラマの撮影スタッフに、二人彼女がいる“リアル田島毛”がいるんです! それが役作りに使えます。彼は、「だって二人とも好きなんですもん」って真っすぐ言うんですよ。ほっとけない人柄なので、ほほ笑ましく見ています」とぶっちゃけた。

一方、夏帆は「私はさげすんで見ています。ほほ笑ましくないですよ(笑)。いつも説教じみたことを言っています」と冷ややかにコメント。大野も「そりゃ、そうだ…。現場でも彼の味方は僕だけです」と苦笑いだった。

(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 福士誠治、笑いをこらえられない!柳沢慎吾のアドリブ満載の迷演技
  • <“イケメン”に会える!夏ドラマ10選>山崎賢人、吉沢亮、窪田正孝、中川大志…旬な俳優チェック!!
  • 夏帆、“セリフがない”役に「どういう⽴ち位置でいればいいのか悩んだ」
  • TAKAHIRO「思っていた以上に重いものが…(笑)」塚本晋也の“強い拳”に衝撃
  • 福士誠治が坊主頭に! ドラマ「極道めし」ポスタービジュアル公開
ザテレビジョン