鷹党の国民的美少女・吉本実憂、約1年ぶりにソフトバンク戦始球式に登場

お使いのInternet Explorerは古いバージョンのため、正しく表示されない可能性があります。最新のバージョンにアップデートするか、別のブラウザーからご利用ください。
Internet Explorerのアップデートについて

7/10(火) 23:51配信

ソフトバンク戦の始球式に登場した国民的美少女・吉本実優。

 『第13回全日本国民的美少女コンテスト』グランプリの女優・吉本実憂が10日、東京ドームで行われた福岡ソフトバンクホークスVS北海道日本ハムファイターズ戦の始球式に登場した。

【写真】大胆なピッチングフォームを見せた吉本実優。

 福岡・北九州市出身で、家族そろって鷹党でもある吉本が、約1年ぶりにソフトバンク戦の始球式に登場。豪快なトルネード投法で放った投球は、捕手の前でワンバウンドしたものの、見事な投球フォームにスタンドからは歓声が上がった。

 始球式を終え記者に感想を聞かれると「東京ドームで始球式をするのは2回目になるんですけど、始球式でマウンドに立たせてもらうのは凄いことなんだと改めて思いました」と語り、投球に関しては「ここに土を付けたくなかったです」とボールを見ながら悔しそうな表情を見せた。

 『鷹の祭典2018 in 東京ドーム』の2日目となるこの日、「鷹の祭典も始まりましたし、ソフトバンクホークスには熱い選手が多いと思いますので、日本一を目指して私も負けずにしっかり応援したいと思います!」とソフトバンクホークスファンとしての熱い想いを見せた。

【関連記事】

  • 吉本実憂所属:オスカープロモーション夏の特別オーディション2018
  • 国民的美少女・高橋ひかる、JTBグループイメージキャラクターに「パワースポットに興味あります」
  • 16歳の国民的美少女・玉田志織、初写真集「無理に痩せようとは思わず、素を出そうと」
  • 国民的美少女・玉田志織、16歳の今を閉じ込めた初写真集をリリース「自分のコンプレックスに挑戦しました」
  • 国民的美少女・井本彩花14歳、『ドクターX』で女優デビュー 米倉涼子も「まだ中学生なのに」と女優魂にビックリ
鷹党