橋本さとし×濱田めぐみ対談! 「“ドロドロジュクジュク”感…濃さでは負けない!」【メタマク連載】

新感線☆RS『メタルマクベス』disc1に出演する橋本さとしと濱田めぐみが対談を行った

7月23日(月)からIHIステージアラウンド東京で、新感線☆RS『メタルマクベス』disc1が上演される。

【写真を見る】橋本さとしが日本一の“濱田めぐみの夫役”を目指す!?

本作は、2006年に劇団☆新感線と宮藤官九郎が初めてタッグを組み、初めて挑んだシェイクスピア作品で、ロックバンドが劇中で生演奏する音楽に特化したスタイルで上演。

12年の時を経て、今回の公演のために宮藤自ら脚本を書き直し、キャストを変え、主宰のいのうえひでのりが演出にアレンジを加えてdisc1、disc2、disc3と題して3作を連続上演することとなった。

今回、disc1にランダムスター、ランダムスター夫人として出演する、古巣・劇団☆新感線に21年ぶりに戻ってきた橋本さとしと劇団四季出身で今回初参戦となる濱田めぐみを直撃。

稽古場の雰囲気やお互いの印象などを聞いた。

■ 「劇団☆新感線では容赦なく笑ってくれるからありがたい」

――最初の顔合わせ、本読みの印象はいかがでしたか?

橋本:先のことを考えず、目先のことをコツコツとやっていくしかないなと感じました。1回読み通しをしたら、この先すごい大変なんだろうなという山場がすごい見えてきて、遠い山を見るより今は目の前の山を地道に乗り越えていこうと。もう、先の山々を見ていると「遠いな~」って気が遠くなってしまうので(笑)。

読み合わせが全てではないですけれど、それぞれの役者のテンションやこういうタイプの人なんだなというのが見られたし、その中で自分がどういうテンションで立っていればいいのかというのも感じられたので、先を見すぎず、自分の今立ってる場所をしっかりと意識しながらやっていこうと思いました。

濱田:初めての劇団☆新感線さんの現場で、少し緊張しながら入ったんですけど、劇団☆新感線さんの空気感は心地が良くて、そこに自分が入れる喜びをすごく感じました。

いつもは使わないような不思議な言葉とかいっぱいあってどういう風にしゃべったら正解なのかも全くわからず不安でしたが、時間が経ったら落ち着いて喋れるようになりました。

全てが初体験の感覚というか…自分の中の初々しい面を見て「ふふっ」と笑ってしまいましたね。面白かったです。この歳になって「お前なにドキドキしてるんだよ!」って自分にツッコんでしまいました(笑)。

――橋本さんはそんな濱田さんをご覧になっていかがでしたか?

橋本:本当に貴重な瞬間に立ち会えたなと思います。だってね、言わずもがなの日本のミュージカル界のトップ女優さんで、皆が「すごい!」って言っている人が劇団☆新感線の稽古場に現れて緊張した面持ちでいると言うのはなかなか見られないですよ。「濱めぐが劇団☆新感線のせりふでどんな喋り方をするんだろう」って僕だけじゃなくて 他のみんなも楽しみにしてましたからね。

でもね、途中から馴染んできて笑いを取るようになっていて、「くそっ!」って思いました(笑)。

俺はもっとがんじがらめになってるめぐちゃんを見たかったんですよ。でもめぐちゃんは早めに感覚を掴んで、「ここはこうしたらいいかな」って感じ取って表現しちゃって…「スベリ倒したらええのにな」って思ってたのに(笑)、ちゃんと笑いをとっていたので…。

でもそれも想定できていたことではあって、僕の中ではめぐちゃんなら絶対大丈夫だろうなって思っていたので、すぐに馴染めてよかったです。

濱田:(笑)。皆さん優しいですよね。

橋本:どの作品でも最初はやっぱり緊張するから、初めての読み合わせで笑っていいのかなと悩む現場が多いけど、劇団☆新感線では容赦なく笑ってくれるからありがたいです。

――橋本さんは21年ぶりの劇団☆新感線ということですが、初参加の濱田さんに劇団☆新感線の先輩としてアドバイスはありますか?

濱田:欲しいです! ください!

橋本:まずは自分を捨てるということかな。自分というものを“無”にして、演出家のいのうえ(ひでのり)さんが言っている事に食らいついていくというのが大事かなと。

せりふを頭に入れたらあとは、いのうえさんが「このタイミングで言えばいいです」ということをどんどん受け入れてやっていく。自分の中で咀嚼しながら、解釈しながら自分のものにしていくのが大事で、いのうえさんの頭も自分のものにしていく感覚ですね。

あとは、じゅんさんのようにいのうえさんの演出と全然違う方向に持っていくパターンもあるけど(笑)。

濱田:そんなの無理だわ! そんなテクニックないですし(笑)。

橋本:そうでしょ。いのうえさんに「もうそれでいいよ!」って言わせるからね(笑)。

■ 橋本じゅんが濱田めぐみに戦々恐々…?

――濱田さんは以前に劇団☆新感線の舞台を観たことはありましたか?

濱田:劇団四季にいた時に先輩と一緒に観に行ったことがあります。すごい面白くて食らいつくように観ていました!

劇団四季は劇団☆新感線とは真逆のことをしているので、「ああいう風にやれたらどんなに楽しいだろうか」と思いました。劇団四季の人は全員そう思ってるんじゃないかな。高嶺の花のような感じでした。

初めて観た時、すごいエネルギーを感じて驚いたんですけど、どうやってケアしてるのかなと気になりました。さとしさん、ケアとかはどうしてました?

橋本:昔は、いのうえさんが俺らに求めてくることが、空中で一回止まって3歩ぐらい歩けみたいなレベルのことで…演劇をしてるというよりも肉体労働をしてるという感じだったので、若かったからケアをしないでガンガン暴れてたかな(笑)。あの時はエネルギーあり余ってた気がする。

濱田:新感線さんのメンバー、皆さんそんな感じがあって。「何が来ても大丈夫!」みたいな感じでしたね。

橋本:でも普段はシャイな人が多くて、おとなしいですよ。知らん間に右近(健一)が結婚していたりするし、粟根(まこと)さんが家で何やってんのか全然わからないし…(笑)。会うのは稽古場か舞台の上だけかなんですよ。みんなが自由奔放にやっていて、本当に居心地のいいところだからケアは身体のケアぐらいで大丈夫だと思う。

そういえば、 (橋本)じゅんさんから電話がかかってきて、「(濱田が出演していた)ミュージカル『メリー・ポピンズ』を観たんだけど、濱めぐすごいぞ!」って興奮してましたよ。じゅんさんは舞台上のめぐちゃんの演技にかなり衝撃を受けたようで、僕が「すごいでしょ」と返したら、「とにかくすごい! あの人は日本で一番! 世界へ行ける人だ! すごすぎて俺は共演するのが怖くなった!」とひたすら興奮してました(笑)。

めぐちゃんがさっき、新感線は高嶺の花だったって言ってたけど、逆に新感線からすると、劇団四季が高嶺の花だったんですよ。

濱田:お互いにそう思ってたんですね。

橋本:着ぐるみを着て「ウェストサイド物語」のパロディものをやったり、劇団四季みたいなことができないから“お笑い”にするみたいなことをずっとやっていた俺らからしたら、劇団四季はすごい憧れですよ。僕たちでは絶対通用しない場所。

濱田:お互いに羨ましがってたなんて。面白い!

――これまでお2人は2回共演されて今回3回目ですが、相手役を聞いた時のお気持ちは?

橋本 :光栄やなと思いました。めぐちゃんと2回も夫婦役ができるなんて。

濱田:3回共演して2回夫婦役ってすごいですよね。

橋本:めぐちゃんと夫婦役で2回も共演した人いる?

濱田:まずなかなか夫婦役で出たことなくて。

橋本:僕も夫婦役ってあまりなくて、僕はこれからも「めぐちゃんの夫はぜひ僕に!」というスタンスで、日本一の“濱田めぐみの夫役”になれたらなと思います(笑)。

濱田:うれしいです(笑)。

橋本:本当にめぐちゃんが相手役だっていうのはうれしいです。ランダムスター夫人にめっちゃぴったりやなと思いますし、安心感がありますよね。

濱田:私も最初お話をいただいた時に、相手役が「橋本さとしさんです」って聞いてすごくホッとしたんですよ。夫婦役だったから「あ、『二都物語』再来か!」って思いましたね。

今回は2人でいろいろと画策して、やらかして、自滅してといろいろと絡むので、自由に羽を伸ばして、思いっきりやれると思うのですごい楽しみです。

■ 橋本さとしのランダムスターが一番チャーミング!

――disc2では尾上松也さん、大原櫻子さん、disc3では浦井健治さん、長澤まさみさんがランダムスター、ランダムスター夫人を演じますが、「disc1、ここは他には負けないぞ!」というポイントはありますか?

濱田:ジュクジュク感かな…。

橋本:“ドロドロジュクジュク”感…濃さでは負けないと思います!

濱田:濃いからこそランダムスター、ランダムスター夫人が哀れにも見えるだろうし、純粋な部分が際立って、「人間ってこういうところあるよね」というのがより深く掘り下げられるんじゃないかなと思います。

やっぱり他のdiscよりもいろいろ経験している2人だと思いますし、そういうところでグワッと真に迫るところがあるんじゃないかと!

――橋本さんは5月に行われた製作発表では初めてお客さんの前で、松也さん、浦井さんと共に劇中歌「きれいは汚い、ただしオレ以外」を歌われていましたが、いかがでしたか?

橋本:浦井健治とかが歌ったら「きれいは汚い、ただしオレ以外」っていうタイトルも納得できるでしょ、綺麗でかっこいいから。でも僕がそれ歌うと「何言うてんねん!」ってツッコミがくるような歌なんじゃないかって思っていて(笑)。でも、もう勘違いで行こうかなと思ってますよ。

――いえいえ、とてもすてきでしたよ! そんな橋本さんをご覧になって濱田さんはどう思われましたか?

濱田:あの3人の中で一番チャーミングでした。かわいらしくて、終始心配になりました! 母性本能をくすぐる何かがあるんですよ、“橋本さとし”には。

橋本:そうなの(笑)!? 僕めっちゃ必死でしたよ、チャーミングでした? 松也も健治もかわいいよ?

濱田:一番ノリノリだったもん、ちょっと首を痛めたりしてたけど。

橋本:無我夢中になるんだよね。

濱田:あの時、松也くんは冷静だったし。

橋本:大人でしたね。

濱田:浦井くんは、「かっこいいぜ、俺!」って分かっていてやってるし(笑)。そんな中、私は「うちの旦那はこんなにチャーミングなんですよ~」という気持ちで隣に立ってました。

橋本:それぞれのdiscのランダムスター夫人が同じように感じてたんやろうね。

濱田:「うちの旦那はこんなにすてきですよ~!」ってね(笑)。面白かったです、三者三様で。

――他のdiscの方とはお話しされましたか?

濱田:ずっとしゃべってました! すごい仲良くなったんですよ。

橋本:不思議とね。共演することはないじゃないですか、だけどすごい一体感があって絆が深まりました。それぞれの苦しみとか不安とか共有できる仲間たちだからですかね。

濱田:「じゃあ稽古場でね!」って思わず言いそうになったけど、「二度ともうこの6人は揃わないんじゃない?」って思った瞬間、寂しくなっちゃいました。

橋本:寂しかったね。

濱田:だから「みんなでご飯食べに行こうね!」って約束しました。互いにリスペクトしつつ「頑張ろうね!」「とにかく体調に気をつけて!」って言いあって、スクラム組んだ感じでしたね。

――最後に、トップバッターとしての意気込みをお願いします!

橋本:ぶっ飛ばせるだけぶっ飛ばして行こうと思います! 僕らが最初にステージアラウンドでガンガンに爪痕を残して、その爪痕を見たdisc2、disc3の人が「ゲッ!」と思うような、「すごいものを残してくれたな」「じゃあ俺たちももっと頑張ります!」と思わせられるようなエネルギー源になれるように頑張りたいです。

僕らなりのものをとにかく見せて、残していきたいと思います。

濱田:私はさとしさんが教えてくれたように、全部を無にして、まっさらになったところで演出家のいのうえさんと向き合っていきたいです。

いのうえさんがつけてくださったものを吸収して、どういう自分を出せるのかというのを試していきたいです。その上で私も爪痕を“ガリガリガリ…”と、私なりのランダムスター夫人を残していきたいと思います。(ザテレビジョン)