【インタビュー】大森靖子、ニューアルバム『クソカワPARTY』に込めた思い「最もクソみたいなものを“カワイイ”として演出したい」

大森靖子、オリジナルアルバム『クソカワPARTY』7月11日にリリース

大森靖子のメジャー4枚目となるオリジナルアルバム『クソカワPARTY』が7月11日にリリースされる。
大森がジョーカーにふんしたアートワークもインパクト大な本作は、これまでになくパーソナルでストレートな歌詞と、これまで以上にポップなメロディが印象的。「怒り」も「苛立ち」も「喜び」も、すべてをむき出しにしたその言葉の数々には、彼女の真摯(しんし)でひたむきなエネルギーがはち切れんばかりに込められている。ピエール中野(凛として時雨)や滝 善充(9mm Parabellum Bullet)らを中心に結成された、サウンドクリエーターユニット「ZiNG」による鉄壁のアンサンブルも聴きどころの一つだ。

【生配信】トーク&弾き語り 特別番組「大森靖子 クソカワPARTY PARTY」 ※7月11日(水)21時~22時(予定)>>

今回、大森がアルバムを通して伝えたかったメッセージは一体どのようなものだったのだろうか。自身が審査員を務める「ミスiD」や、話題の「#MeToo」についての見解など、気になるトピックについても訊(き)いてみた。

【インタビュー】大森靖子、ニューアルバム『クソカワPARTY』に込めた思い「最もクソみたいなものを“カワイイ”として演出したい」(トレンドニュース(GYAO))

【生配信】トーク&弾き語り 特別番組「大森靖子 クソカワPARTY PARTY」 ※7月11日(水)21時~22時(予定)

■ 「怒ってる、怖い」とか言われると、「何を被害者ぶってるんだ?」って余計に腹が立ちます。

──個人的には、今までのアルバムの中で最も分かりやすくポップな内容だと思いました。

大森: そこは自分でも心がけました!(笑)頑張りましたね。でも、分かりやすくしたら余計に怖くなっちゃったかな? という心配もあったんですが、「ま、いっか」と。

──(笑)。それに、今作は「怒り」や「苛立ち」を感じるというか。

大森: 確かに怒ってますよね。

【インタビュー】大森靖子、ニューアルバム『クソカワPARTY』に込めた思い「最もクソみたいなものを“カワイイ”として演出したい」(トレンドニュース(GYAO))

大森靖子、オリジナルアルバム『クソカワPARTY』7月11日にリリース

──「怒り」の感情というのはネガティヴに捉えられがちですが、そこを作品として昇華する上で心がけたことなどありますか?

大森: 目の前の事象に対して真摯(しんし)に向き合った時、「それは違う」「私はこう思う」となればぶつかるしかないから、それが時には「怒り」になるときもあるというだけじゃないですか。そういう意思表明をちゃんとしている人の方が面白いし、早くそれを受け入れろよ、「怒ってるんだ」とか言うなよっていう気持ちもありますね(笑)。「怒ってる、怖い」とか言われると、「何を被害者ぶってるんだ?」って余計に腹が立ちます(笑)。

──アルバムのタイトルにもなっている「クソカワPARTY」のコンセプトは?

大森: まず「死神」という曲を作り、アー写では「鎌を持ちたい」と思ったことからジョーカーにふんすることにしました(笑)。ジョーカーの起源を調べたら、昔は政治的なことや国の運営などを、すべて晩餐会(ばんさんかい)で決めていたらしく、そこにジョーカーという役割の人がいて、全ての言語が話せるしどんな話題にもついていけるので、裏で世界情勢の鍵を握っている存在で。それを知って「あ、もう絶対ジョーカーやりたい」ってなりました(笑)。

──ジョーカーが持つ特性の中で、特に惹(ひ)かれたのはどんなところですか?

大森: いろいろな言語が話せるところですね。今までの自分の作品というのは、「私にとっての真理」に近づこうと思って使う閉じた言語と、多くの人に伝えようと思って使う開かれた言語を一緒くたにして使ってきたと思うんです。これからは、そういう言語を意識的に使い分けていこうと。そういう自分の気持ちとジョーカーを重ね合わせたところはありますね。しかも、死神とかジョーカーといっても見た目は華やかで、仲間もみんなかわいいドレスを着ているパーティーみたいな雰囲気の方が絶対楽しくていい! と。

1/4ページ

【関連記事】

  • 【一覧】これまでのミュージックビデオ>>
  • 【ミュージックビデオ】「死神」(7月11日リリース『クソカワPARTY』より)>>
  • 【ミュージックビデオ】「GIRL'S GIRL」(7月11日リリース『クソカワPARTY』より)>>
  • 【インタビュー】平井 大 ニューアルバム発売、「恋人という感覚から家族に...自分の変化がピュアに反映されるのが僕の音楽の特徴」>>
  • 【インタビュー】大原櫻子 新アルバムのテーマは“エンジョイ“「今の私のテーマかなって」>>
クソカワPARTY