リチャード・ギア主演最新作『嘘はフィクサーのはじまり』公開決定

『嘘はフィクサーのはじまり』メインビジュアル

 リチャード・ギア主演の映画『Norman: The Moderate Rise and Tragic Fall of a New York Fixer(原題)』が、邦題を『嘘はフィクサーのはじまり』として、10月より公開されることが決定した。

【写真】主演のリチャード・ギア

 本作は映画『愛と青春の旅立ち』『プリティ・ウーマン』『HACHI 約束の犬』などに出演し、「この世で最もセクシーな男性」にも選ばれたことのあるリチャードが、厄介事を引き受けまくる自称フィクサーを怪演するコメディ。「存在を認められたい」「偉い人と繋がって、あわよくば大金を手にしたい」といった万国共通の欲望を笑い、自省したくなるブラックな“忖度”悲喜劇が繰り広げられる。

 ニューヨークを牛耳るユダヤ人社会に食い込もうと、自称フィクサーのノーマン(リチャード)は、小さな嘘を積み重ねて人脈を広げてきた。ある日ノーマンは、イスラエルのカリスマ政治家エシェルに偶然を装って近づき、高価な革靴をプレゼントする。その3年後、首相に就任したエシェルと再会を果たしたノーマンは、“首相のお墨付き”を武器に超大物たちの間で暗躍し始める。しかし、過度の“忖度”はさまざまな混乱を巻き起こし、国際紛争に発展しそうな事態を招いてしまい…。

 ノーマンを演じるリチャードは、撮影の1年前から役作りを研究。歩き方から表情、耳の立ち方にいたるまで、お調子者だけど憎めないキャラクターを作り上げた。ノーマンを翻弄する首相は、9月に公開される映画『運命は踊る』で主演を務めるイスラエルを代表する俳優リオル・アシュケナージ。ほかに、『クィーン』のマイケル・シーン、個性派俳優のスティーヴ・ブシェミ、女検察官役にシャルロット・ゲンズブールなど、国際色豊かな俳優たちが脇を固めている。

 メガホンを取ったのは『ボーフォート レバノンからの撤退』『フットノート』がアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたヨセフ・シダー監督。音楽は『Pina/ピナ・バウシュ踊り続けるいのち』や、リオ五輪閉会式での「君が代」のアレンジを手がけた三宅純が担当する。

 映画『嘘はフィクサーのはじまり』は10月より公開。

【関連記事】

  • リチャード・ギアの代名詞『プリティ・ウーマン』フォトギャラリー
  • リチャードのあの超名作が2位だった…実際には犬猿の仲だった映画カップル・トップ10
  • リチャード・ギア、33歳年下のスペイン人と3度目の結婚
  • リチャード・ギア、BBCドラマに初出演か
  • リチャード・ギア主演『アメリカン・ジゴロ』、テレビドラマ版制作へ