<半分、青い。>「永野芽郁、凄まじい」相手役・間宮祥太朗「涙があまりに大粒で心底オロオロ」

7/9(月) 22:20配信

連続テレビ小説「半分、青い。」より楡野鈴愛(永野芽郁)

ヒロイン・楡野鈴愛(にれの・すずめ/永野芽郁)の半生を描く連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土朝8:00-8:15、NHK総合ほか)は、新章「人生・怒涛編」がスタート。本日7月9日放送の第85回で“衝撃の事実”が発覚し、視聴者から感動の声が多く集まっている。またそのシーンでの永野の演技に相手役の俳優・間宮祥太朗が「永野芽郁、凄まじい」「撮影の時に衝撃を受け、涙があまりに大粒で心底オロオロしてしまいました」とツイートした。

【写真を見る】視聴者が涙したシーン…!鈴愛(永野)と涼次(間宮)が感動の“握手”

(以下ネタバレが含まれます)

感動を呼んだのは、鈴愛と、新章から新しく登場した森山涼次(間宮祥太)に関する、ある事実。

漫画家として限界を痛感、人生を大きく左右する挫折の末に漫画家を辞めた鈴愛は、100円ショップ「大納言」で働いていた。

そこで鈴愛が出会ったのが、“美青年”森山涼次。

くすぶり中の映画監督・元住吉祥平(斎藤工)の元で働く弟子で助監督で、鈴愛にとっては彼の見せる表情に“キュン”と心奪われることもあった“気になる”存在だ。

7月7日放送の第84回では、鈴愛と同じく大納言で働くことになった涼次が落とした一枚のメモに書かれていた詩が、鈴愛の心を引きつけた。

「僕は遅いかもしれない。でも、走ろうと思う」「僕は、負けるかもしれない。でも、戦おうと思う」

「人生は過酷かもしれない。でも、夢見ようと思う」「翼は折れたかもしれない。でも、明日へ飛ぼうと思う」

などの言葉が、“大きな挫折”を味わった後の鈴愛の心に強く響いた。

視聴者の中にも、この詩に感動した人は多かったようで、SNSなどでは「涼ちゃんの詩、良かった!」「素敵な詩」などの声が寄せられていた。

そして本日7月9日放送の第85回、多くの視聴者が涙を誘われた場面。

アルバイトで鈴愛と一緒になった涼次が、ふと鈴愛に「楡野さん、(下の)名前なんていうんですか?」と尋ねる。

「楡野さん、俺の好きな人と同じ名字なんです」「好きっていうか、尊敬する人。漫画家です。楡野スズメっていうんですけど。すげーいい漫画描くんです!」「『一瞬に咲け』って漫画が俺大好きで、カメラオタクの女の子と…」と、鈴愛が漫画家時代に描いた作品への熱い思いを語り、涼次が鈴愛のファンだということが明らかに。

そして涼次が「次回作、キリンになって待ってるんですけど…」と語り出したときに、鈴愛は涼次の期待にこたえられない自分を情けなく感じたのか「ごめんなさい、次回作はありません…。楡野スズメは、漫画家を辞めました」「すみません…」。涙を流しながら涼次に頭を下げた。

これを聞いた涼次は「マジ…!?」と驚くも、「俺、ファンなんで、握手してもらってもいいですか?」と笑顔で鈴愛に握手を求める。

自分の限界を痛感し漫画家を辞めていた鈴愛は、自分の漫画が“愛されていた”ことを知り、改めて涙。「良かった…良かった…描いてて良かった…」「あんなに苦しい思いして…描いとった甲斐があった…良かった…」と号泣した。

この事実に、鈴愛のことを見守っていた多くの視聴者が感動。「泣けた…鈴愛ちゃん良かったね!!」「何回見ても泣ける。スズメのファンがいて良かった!ほんとに良かった」などの声が相次いだ。

放送後、涼次役の間宮は自身のTwitterで「鈴愛の涙があまりに大粒で、撮影の時に衝撃を受け、びっくりして心底オロオロしてしまいました。雀の涙というか、あれはもう大鷲の涙。永野芽郁凄まじい」とツイート。永野芽郁の演技力に最大限の賛辞を送っている。

明日7月10日(火)放送の第86回では、鈴愛たちがあわただしく働く中、突然、100円ショップ店長の田辺一郎(嶋田久作)が姿を消す。そこに鈴愛の母・晴(松雪泰子)から指令を受けた弟・草太(上村海成)が訪れる。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • <半分、青い。>「鈴愛、律、誕生日おめでとう!」“恋愛を超えた何か” 2人の関係を振り返る
  • <半分、青い。>北川悦吏子が絶賛!「秋風ロス、律不在、全てをしょって立つ男」間宮祥太朗とは!?
  • <半分、青い。>永野芽郁の“狂気の演技”に絶賛の声!「なんであんな表情できるの!?」
  • <半分、青か。>「西郷どん」「半分、青い。」コラボ!?鈴木亮平&永野芽郁2ショットにファン歓喜!
  • <半分、青い。>豊川悦司まさかの“ジョジョ立ち”話題!「二度見した(笑)」の声
半分