元℃-ute鈴木愛理、武道館デビュー「ここがスタートライン!」

7/9(月) 21:45配信

「大きな愛でもてなして」を披露する鈴木愛理

圧倒的なパフォーマンスで、アイドルが憧れるアイドルグループ・℃-uteのエースとして活躍。昨年のグループ解散後はソロアーティスト、モデルとして活躍中の鈴木愛理が、初となるソロでの日本武道館公演を7月9日に開催。

【写真を見る】黒のセクシーな衣装で歌う鈴木愛理

チケットがSOLD OUTとなった本公演には、1万人のファンが会場に訪れ、BSスカパーでの生中継や国内外含む全16会場でのライブビューイングも行われた。

ことしの6月6日に発売されソロアルバム『Do me a favor』に収録されている楽曲を中心に℃-uteやBuono!の曲など、ハロー!プロジェクト時代のものを惜しげもなく披露。アイドル時代とは異なる新しい顔、変わらないおなじみの表情など、ソロアーティスト鈴木愛理としての進化と底力を魅せつけたライブとなった。また終演直後では、秋からの7大都市ライブツアーが発表され、会場から歓声が上がっていた。

ライブは、アルバムの代表的なナンバー「DISTANCE」でスタート。歌だけでなく、ダンサーとの息のあったパフォーマンスと映像で一曲目からファンを惹きつける。その後も「未完成ガール」「Candy Box」「Moment」とアルバム曲でたたみかける。会場が完全に温まったところで、℃-ute時代の人気ナンバー「大きな愛でもてなして」を披露。イントロが流れると同時に会場からは声援が上がり、鈴木も変わらないキュートなダンスで魅了していた。

楽曲以外にも、ダンサーたちによりダンストラック、鈴木との妄想デートが楽しめるVTR映像、You TubeあいりチャンネルのVTR映像など、随所にファンを楽しませる仕掛けも見どころだった。

アンコール後のMCでは、ライブ中に「全部で13変幻しました!」と笑顔を見せた鈴木。衣装チェンジにこだわった理由を「鈴木のソロシンガーとして裏テーマがカメレオン。カメレオンっていろんな色に自分の体を変化させている。いろんな色に染まりながら、いろんな姿を見せていきながら、皆さんのことを元気にしていきたい」と発信。また、アルバムに収録されているダンステーマの曲とバンドテーマの曲の両サイドを披露するのは今回が初と語り、初めて鈴木愛理の全貌を見せられました!」とファンに報告した。

「鈴木はポジティブ。ポジティブの伝道師と自分で言っているので、ネガティブな人を元気付けていくのが使命。皆さんのことを笑顔にしていきたい。笑顔がつくれなくなったときとかは、鈴木のライブで楽しい時間を過ごしてくれたなら」とコメント。

「贅沢なことに、ここがスタートライン。鈴木愛理としてつくっていく道のりを皆さんと作っていきたい!」と力強く宣言していた。

また、会場には℃-uteメンバーの4人をはじめ、後輩にあたる現役のハロー!プロジェクトのメンバーも駆けつけ、進化した鈴木のパフォーマンスに熱視線を送っていた。バラエティー番組やドラマ、舞台とさまざまなシーンで活躍しているハロプロOGのメンバー。ソロアーティストとしての鈴木の今後に活躍によっては、ハロプロメンバーの卒業後のステージに新たな枠組みが生まれることだろう。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • カントリー・ガールズがメンバー5人で叶えたい夢を告白!【ハロプロ誕生20周年記念連載】
  • 森戸知沙希&梁川奈々美&船木結「カントリー・ガールズは家族!」【ハロプロ誕生20周年記念連載】
  • 山木梨沙&小関舞「カントリー・ガールズは私たちが守る!」【ハロプロ誕生20周年記念連載】
  • 井上玲音はボイパに挑戦! こぶし&つばきが海賊姿でアニソン熱唱!
  • 結局道重! 道重さゆみの大人可愛いが詰まった最新写真集が誕生日に登場!