鈴木愛理が武道館で新たな船出 変幻自在パフォーマンスで1万人魅了

鈴木愛理

 歌手の鈴木愛理(24)が9日、東京・日本武道館で「鈴木愛理 1st LIVE ~Do me a favor@日本武道館~」を行った。

 2017年6月の「℃‐ute」解散後、今年6月にアルバム「Do me a favor」でメジャーデビューした“15年目の新人”鈴木が、本格始動後のファーストステージに選んだのは聖地・日本武道館だった。

 ポップス、ロックナンバーは生バンド演奏をバックにパフォーマンスし、さらにはダンスナンバーも披露。アルバム曲に加えて、℃‐uteの人気曲「大きな愛でもてなして」や、鈴木が参加していたユニット「Buono!」の人気曲「初恋サイダー」も歌唱した。昔からの鈴木ファンも納得の選曲で、15年間のアイドル時代に培ったスキルに、再デビューした“アーティスト・鈴木愛理”のエッセンスをプラスした、変幻自在のステージングで1万人のファンを魅了した。

 ラストのMCでは「裏テーマは『カメレオン』です。いろんな色に自分を染めながら、みんなを元気にしていきたいと思っています」とソロとしての意気込みを明かした。元℃‐uteメンバーの矢島舞美、中島早貴、岡井千聖、萩原舞も武道館に訪れ、鈴木の新たな船出を祝った。

 今後のアーティスト・鈴木はどんな顔を見せてくれるのか。

【関連記事】

  • 元℃―ute鈴木愛理 同い年の大谷ばりに挑むモデルとの二刀流
  • 鈴木愛理がソロ本格始動 大谷や羽生ら同世代の活躍に「私も頑張っていきたい」
  • “持ってる女”元℃―ute岡井千聖が競輪にハマった理由
  • 元℃―ute矢島舞美 初の男役「やりがい感じています」
  • 鈴木愛理 、 カメレオン 、 矢島舞美 を調べる
鈴木愛理