「走れ!T校バスケット部」の主題歌にGReeeeN! 志尊淳『僕の青春時代』

7/9(月) 20:22配信

主題歌がGReeeeNの「贈る言葉」に決まった

実話に基づいた同名小説を、志尊淳主演で実写化する映画「走れ!T校バスケット部」が11月3日(土)に公開され、同映画の主題歌をGReeeeNが担当することが分かった。

【写真を見る】主人公・田所陽一を演じる志尊淳のシュートフォームが美しい!

同作は、弱小バスケットチームの成長を通し、高校生の悩みや葛藤、仲間との絆、家族の思いを丁寧に描く青春物語。

志尊が演じるのは、高校1年生ながらエースとして活躍していたスタープレーヤー・田所陽一。

ほか、T校バスケット部のキャプテン・矢嶋俊介役の佐野勇斗、マネジャー・佐藤浩子役の早見あかり、戸塚純貴、佐藤寛太、鈴木勝大、西銘駿、阿見201らが出演する。

そして、チームを温かく見詰める大人たちの役でYOU、椎名桔平、真飛聖、竹中直人らベテラン勢の出演が決定。竹内涼真と千葉雄大が友情出演するなど、豪華な顔ぶれとなっている。

そんな中、主題歌はGReeeeNがこの映画のために書き下ろしたという新曲「贈る言葉」(リリース日は未定)に決定。

作品が未完成だったころ、制作陣が原作小説やプロットなどを提供し、主人公の葛藤と成長、仲間との関係性を熱く伝え、その思いをGReeeeNがくみ取る形で制作されたという。

GReeeeNは「初めて登校したあの日を覚えてますか。部活が一緒のアイツが、同じクラスのアイツが、知り合いの知り合いだったアイツが、こんなに信じ合える仲間たちになるなんて。

僕たちや私たちしか知らない、親すらも見られない一瞬一瞬を積み重ねた。悔しくて一緒に泣いた出来事、うれしくて一緒に泣いた出来事。戻らない時間の中、笑いあえた出来事。そんな日々に『サヨナラ』を言う日が来るなんて。

でもきっとそんな『サヨナラ』は、『またね』なんですよね。この曲がそんな大事な仲間との『今までとこれからをつなぐもの』になれれば幸いです。

また、いつか逢う日まで。涙と笑顔の『アリガトウ』をみんなに。この曲が皆さんにとっての『贈る言葉』になるとうれしいです」とコメント。

主役の志尊も「僕の青春時代はGReeeeNさんと共に過ごしたので、今回、主題歌をGReeeeNさんが書き下ろして下さるとお聞きした時は本当に幸せな気持ちでいっぱいでした。

楽曲を聞かせていただき、この映画に込めるメッセージをくんでもらい、映画の持つパワーをこの楽曲がさらに大きくしてくれていると感じました。

そして、この曲が持つ世界観がこの映画のストーリーにスッと入り込むために背中を押してくれるようにも感じました。僕らの青春とGReeeeNさんの曲が交わるキラキラした世界。楽しみにしててください!!」とアピールした。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 志尊淳&千葉雄大“帝一”コンビが再共演! イケメンたちの学ラン姿に「同級生になりたい」
  • 竹内涼真、今度はバスケ選手に! 志尊淳主演映画に友情出演
  • 意外と小柄な川栄李奈&意外と大きい志尊淳がアニメ初共演!
  • 志尊淳主演「走れ!T校バスケット部」佐藤寛太ら“イケメンバスケ部”メンバーが判明
  • 芳根京子、志尊淳、高杉真宙…“オモコー卒業生”が昨今のドラマ・映画界を席巻中
志尊淳