乃木坂46、『真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~』2会場で史上初同時併催 シンクロパフォーマンスを連発

乃木坂46『真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~』(7月6日~8日)

 アイドルグループ・乃木坂46が、6日から8日にかけて『真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~』を明治神宮球場、秩父宮ラグビー場で開催。同一アーティストの単独ライブとしては史上初となる2会場同時併催で行われた。

【写真】乃木坂46『真夏の全国ツアー2018 ~6th YEAR BIRTHDAY LIVE~』(7月6日~8日)

 乃木坂46にとって、今年で5年連続5回目となった明治神宮球場でのライブ。今回は同会場に加え、秩父宮ラグビー場でも同時開催。1日で合計6万人、3日間で合計18万人を動員し、伝説的なライブとなった。

 3日目最終日のライブは灼熱の炎天下の中スタート。明治神宮球場1曲目は『僕だけの君~Under Super Best~』収録曲「自惚れビーチ」が披露される。会場にはメンバーを乗せた電車が現れ、会場を回り、今年の夏は今まで以上だ!と言わんばかりのスタートでオーディエンスの度肝を抜いた。

 秩父宮ラグビー場では20thシングル「シンクロニシティ」の選抜メンバーによる「裸足でSummer」からスタート。各会場5曲を歌い切ったところで両会場が中継で繋げられ、秩父宮ラグビー場にいる白石麻衣からは「神宮のみんな盛り上がってますか!」と投げかけられ、明治神宮球場の中田花奈は「みんな盛り上がってるよね!」と会場を煽り、大歓声が明治神宮球場と秩父宮ラグビー場に広がった。

 「なんか神宮のみんなの声聞いてたらそっち行きたくなっちゃった!」と桜井玲香が言うと、中田も「私たちも秩父宮ラグビー場に行きたい!」と答えた所で、両会場「走れ!Bicycle」が流れる。それぞれ歌いながら別の会場に移動するという、前代未聞のパフォーマンスを披露。会場のボードにサインしたり、カートに乗ったり、走ったりと大忙しな様子を見せた。

 選抜メンバーが電車に乗って明治神宮球場に入り、会場が更にボルテージを上げる中、「ダンケシェーン」・「制服のマネキン」・「命は美しい」と3曲を両会場シンクロ披露。白石が「行くぞ!神宮!」と会場を煽り「ガールズルール」で会場は一体感を増して行く。その後はユニットパートや、三期生のみで行われる三期生パートで、それぞれが個々の魅力を更に発揮した。

 選抜メンバーが明治神宮球場に戻った本編後半は、シングルヒット曲を連発し真夏の会場が更に熱気を帯びる。20thシングル「シンクロニシティ」では、曲の名前通り、両会場がシンクロする形でパフォーマンスし、2会場を1つにまとめた。

 そして、毎夏恒例ともいえる明治神宮球場での花火は、今年は乃木坂46にちなんで“460”発が打ち上げられ、メンバー・ファン・スタッフ、会場にいる全ての人が夏を感じたことは間違いない。

 最後は「君の名は希望」を歌い上げ、ファンが会場を乃木坂46のイメージカラーの紫に染め上げると、「私たち迎えの電車が来たので私たちこれに乗って帰ります!」と桜井がお別れを告げ本編は終了。

 すると、会場には映像が映し出され『乃木坂46新プロジェクト』=『ザンビプロジェクト』の始動が発表される。同時にプロジェクトの公式ツイッターと公式インスタグラムが立ち上がり、動画も公開となった。詳細は謎に包まれている。

 アンコールは抽選により明治神宮球場にはアンダーメンバー、秩父宮ラグビー場には選抜メンバーと別れてスタート。「ロマンスのスタート」・「転がった鐘を鳴らせ!」をシンクロ披露すると、明治神宮球場では8月8日(水)にリリースとなる21thシングルのアンダー楽曲「三角の空き地」を初披露した。

 そして、この日のライブで乃木坂46として最後のステージとなった設楽伊織と斎藤ちはるは、マイクを通さず「みなさん本当にありがとうございましたー!」と涙ながらに感謝の気持ちを伝え、ファンはそれに応えるように張り裂けんばかりの声援を送った。

 最後、ステージの映像でこれまでの2日間のドキュメント映像が流れると、ライブは終了ムードに。それと同時にバックヤードにいる齋藤飛鳥らが映し出される。「お前ら、これで終わりだと思っただろ!こっちにも来ちゃいました!」とサプライズ登場を見せた。

 明治神宮球場では、秩父宮ラグビー場で披露した21thシングルの表題曲「ジコチューで行こう!」を本邦初公開。発売を今か今かと待つファンへの一足早いプレゼントは大成功。会場の盛り上がりは最高潮に達する。

 最後に見せたのはやはり、シンクロパフォーマンス。ライブではお決まりのキラーチューン「ハウス!」・「おいでシャンプー」を披露し、ステージを後にする彼女たち。だが、歓声は止まず、ライブはダブルアンコールへ。夏と言えば「ガールズルール」ということで再度披露。本当のラストを迎え、「乃木坂46 6th YEAR BIRTHDAY LIVE」は最高の形で終点に到着した。

【関連記事】

  • 白石麻衣、大胆なさらし姿で和太鼓披露 マメがつぶれるアクシデントも笑顔で乗り切る
  • 乃木坂46と欅坂46とけやき坂46による坂道合同新規オーディション CM第二弾完成
  • 今夏開催の乃木坂46と欅坂46による坂道合同オーディション 募集CM第一弾が完成
  • 乃木坂46版ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』開幕 出演メンバーのコメント到着
  • 乃木坂46、初の単独東京ドーム公演がBlu-ray&DVD化
シンクロパフォーマンス