稲村亜美、神スイングであの有名スポーツ誌の表紙に? ZOZOマリンのスペシャルフォトブースでSNS映えするフォーム披露

ZOZOマリンスタジアムの「J:COMスペシャルデー」に登場した稲村亜美。『Number』表紙風ボードの前で撮影。

 J:COMグループ6局が冠協賛する「千葉ロッテマリーンズ」対「北海道日本ハムファイターズ」戦が8日、ZOZOマリンスタジアムで行われ、「J:COMスペシャルデー」と題してさまざまなイベントが開催された。そのなかにJ:COMとスポーツ総合雑誌『Number』のタイアップによりスペシャルフォトブースが設置され、この日の試合でファーストピッチを務めた稲村亜美が“神スイング”で『Number』表紙風ショットに収まった。

【写真】稲村亜美の『Number』表紙風写真。

 「J:COMスペシャルデー」にちなんだ、J:COMのロゴ入りの真っ赤なユニフォーム(背番号の『12』は12球団生中継の12)、発達した太ももがまぶしい白のショートパンツ姿の稲村亜美が、スペシャルフォトブースの『Number』表紙風ボードの前に立つと、まさに『Number』の表紙そのもの。稲村は笑顔でバットとボールを持ってポーズを決めた。

 『Number』スペシャルフォトブースで撮影した写真をハッシュタグ「#jcomスペシャルデー」をつけてSNSに投稿すると、J:COMのCMでお馴染みのケーブルインターネットZAQのキャラクター「ざっくぅ」グッズをその場でプレゼントするなど、SNS連動キャンペーンが実施された。

【関連記事】

  • 剛球始球式が話題、身長173cm現役女子大生タレント・稲村亜美に注目集まる
  • 稲村亜美、始球式ですっぽ抜けの大暴投 樽美酒超え目指し「肩作り直す」
  • 稲村亜美所属:浅井企画【夏の特別オーディション2018】
  • 神スイング・稲村亜美、『警視庁・捜査一課長season3』第3話でタイトスカート披露 「お芝居には縁がなかったので震えました…」
  • 稲村亜美、スポーツづくしの2018カレンダー「お兄ちゃんの子供にも見せられる」
表紙