『クレしん』、遂に声優交代 初期はクレーム続出で打ち切り危機も?

 人気アニメ作品『クレヨンしんちゃん』(テレビ朝日系)の放送開始以来、主人公・野原しんのすけの声を務めてきた声優の矢島晶子さんが降板した。矢島さんは26年にわたり野原しんのすけを演じてきたが、「声を維持できない」として引退を決断した。

 最後の出演となった6月29日の放送ではショートエピソード「いつものオラだぞ」が流れた。家族の団らんの様子が描かれ、最後のしんちゃんのセリフ「あぁオラ、毎日楽しい」が感動を呼んだ。

 今でこそ国民的な家族アニメとなった『クレヨンしんちゃん』だが、放送開始当初は問題作とみなされることもあった。

 「『クレヨンしんちゃん』はもともと青年誌の『漫画アクション』(双葉社)に連載されていたものでした。そのため、かなりブラックな要素や、きわどい下ネタもありましたね。両親の夜の営みをしんのすけが目撃し『プロレスごっこをしていた』とごまかすシーンがあります。さらにアニメと並行して連載した漫画では、幼稚園のよしなが先生の恋人がアフリカのホテルで爆弾テロに遭遇し亡くなり、ショックのあまり先生が酒びたりになるといった“鬱展開”も話題となりました」(サブカルチャーに詳しいフリーライター)

 アニメのしんちゃんは、かなり「かわいく」デフォルメされたキャラと言える。それでもバッシングは多かった。

 「女好きでお尻を出すといった下品なキャラクターはもちろん、初期の放送では『みさえ』『ひろし』と両親を呼び捨てにすることもあり、それが『道徳的にどうなのか』と問題になりました。さらには『クレヨンしんちゃん』の映画版には『クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王』のハイグレ魔王に代表されるように、ゲイやオカマなどのキャラクターやネタがたびたび登場することから、『同性愛者に対する差別的な表現ではないか』とも言われていましたね」(前出・同)

 ただ『クレヨンしんちゃん』に限らず、当時のバラエティ番組ではゲイやオカマをイジる風潮は当たり前のようにあった。『クレしん』は時事性が反映される番組でもあり、描写が批判されることは多かったのだ。

【関連記事】

  • スポンサー企業も大慌て! クレヨンしんちゃん主演声優降板は計画不足?
  • 26年以上務めた「クレヨンしんちゃん」主役声優降板 のどに負担があった?
  • “夫婦あるある”がリアルで大反響! 『あな家』に続いて話題になる夏ドラマは
  • “大人まる子”吉岡里帆、編集者に! 花輪君はあのイケメン俳優
  • W杯ベルギー戦終わり、丸山桂里奈は『あの約束』を果たすのか? 的確な実況ツイートも話題に
クレしん