波瑠は半年以内に結婚!?、綾野剛は伝説の企業買収者、土屋太鳳はチアリーダーに!…2018年 夏ドラマを主題歌と共にチェック!【後編】

7月スタートのドラマ主題歌まとめ

本格的な夏が始まり、楽しみにしている人も多いであろう2018年7月スタート夏ドラマ。そのラインナップがほぼ出そろい、それと同時に注目を集める主題歌も続々発表されている。今回は、注目のドラマとその主題歌を紹介しよう。
【木曜日】
◆テレビ朝日系「ハゲタカ」
7月19日 夜9時~
出演:綾野剛、沢尻エリカほか
累計240万部を誇る真山仁のベストセラー経済小説『ハゲタカ』(講談社)を原作に、綾野剛が、伝説の企業買収者「ハゲタカ」こと鷲津政彦を演じる。テレビ朝日連続ドラマ初主演となる綾野は、「過去最大の難関に立ち向かおうとしています。一筋縄ではいかないハゲタカに挑むのですから」と明かすものの、「この作品が皆様にとって、明日への活力、生きる希望へと繋がるよう、チームハゲタカは和泉聖治監督、スタッフ、キャストと共に挑戦し続け『現状維持は後退である』を信念に、最後まで攻めの姿勢で戦い抜きます。難関は越える為にある」と強い意欲を見せている。また、鷲津の最大の敵であるホテルウーマン・松平貴子役に沢尻エリカが出演。綾野と三度目の共演となる沢尻は、「綾野さんに任せて、それについて行きます!」と信頼を寄せている。

【写真】NEWSが4人揃ってこれまでの大切な出会いを語る

主題歌:Mr.Children「SINGLES」
同ドラマの主題歌を担当するのは、Mr.Children。前作「here comes my love」から約6ヶ月を経て完成した「SINGLES」は、Mr.Childrenの桜井和寿が、「シナリオを読ませて頂いたときに感じたギラギラした何か、哀愁や孤独や激しさ、そういった強いエネルギーに巻き込まれながら、この曲を録音しました」と明かすように、本編で名門企業を次々と買収し、再生していく主人公・鷲津を彷彿とさせる力強い楽曲。続けて、桜井は、「『ハゲタカ』が視聴者の皆さんの心を揺れ動かすその瞬間に週一度の音楽として立ち合える、そんな嬉しい想像をし、早く放送が始まらないものかとワクワクしているこの頃です」と期待を寄せている。

【金曜日】
◆TBS系「チア☆ダン」
7月13日 夜10時~
出演:土屋太鳳、石井杏奈、佐久間由衣ほか
広瀬すず主演で大ヒットした映画「チア☆ダン」のドラマ化となる本作品。映画の世界の9年後という設定で、映画の世界観を引き継ぎ、そして「ありえない夢を追いかける」精神はそのままに、新たなオリジナルストーリーとなるという。主演は、その類まれな運動神経が話題になる土屋太鳳が演じる。土屋演じる藤谷わかばは、幼い頃に強豪チアダンス部「JETS」が初の全米優勝を果たした演技を見て憧れを持ち、同部への入部を夢見るが、JETSのある高校の受験に失敗。他の高校に入学し、夢を諦めかけていたが、転校生・汐里(石井杏奈)の思いがけない言葉がくすぶっていた思いに火を点け、「全米制覇!」という“できっこない夢”をひたむきに追いかけるという奇跡のような物語が展開する。

主題歌:サンボマスター「輝きだして走ってく」
夏にぴったりの青春物語を彩る主題歌はサンボマスターの「輝きだして走ってく」。映画「チア☆ダン」のモデルとなった福井商業高校チアリーダー部「JETS」はサンボマスターの楽曲「できっこないを やらなくちゃ」を創部当初からずっと踊り続けており、顧問で、就任当時はチアダンス指導者としての経験もなく、素人同然だった五十嵐裕子先生が、部を全米大会制覇に導くまで、心の支えになり続けた大事な曲。今回のドラマ化にあたり「主題歌に相応しいのはサンボマスターしかいない」とドラマサイドが楽曲提供を依頼。バンド側が快諾したことでタッグが実現したという。「負けないでキミの心 輝いていて 大丈夫 乗り越えられる」と説く力強いロックナンバーで、途方もない夢を目指す生徒たちを後押しするような応援ソングに仕上がっており、ドラマのストーリーとも呼応するような、サンボマスターの魅力が詰まった楽曲となっている。

【土曜日】
◆日本テレビ系「サバイバル・ウェディング」
7月14日 夜10時~
出演:波瑠、伊勢谷友介ほか
同ドラマは、大橋弘祐氏による小説『SURVIVAL WEDDING(サバイバル・ウェディング)」が原作。波瑠演じる主人公・黒木さやかが、勤めていた出版社を寿退社した日に、恋人に婚約破棄されてしまうが、そんな彼女を「半年以内に結婚しないとクビ!」という無茶な条件で人気雑誌の毒舌・ナルシストな伊勢谷友介演じる敏腕編集長・宇佐美博人が復職させる。見どころは、宇佐美が提案する斬新な恋愛戦略。海外有名ブランドのマーケティング手法を恋愛に応用し、さやかの市場価値を、ハイブランドのように高めるための恋愛テクニックを伝授していく。傍若無人な編集長に振り回されて反発しながら、恋に仕事に全力で立ち向かう痛快コメディだ。

主題歌:C&K「ドラマ」
同ドラマの主題歌を担当するのは、CLIEVYとKEENからなる2018年デビュー10周年を迎えた男性二人組シンガーソングライターユニットC&K。今回主題歌に抜擢された新曲「ドラマ」は、原作を読んで書き下ろした渾身の作品で、“いろいろあるけど元気にいこう”という頑張っている全ての人に向けた疾走感のある楽曲。主人公・黒木さやかが周りの人に振り回されながらも全力で突き進むドラマにマッチした一曲となっている。この曲についてメンバーのCLIEVYは「今に満足できないのは、いつかの自分が怠けていたからと思って、人のせいにしない生き方をしたいと思う僕自身へ応援の歌です。」KEENは「毎日頑張ってるけど、なかなかドラマチックな1日に出会えていない。でも毎日何かが変わると信じてこれからも頑張っていくぜっていう人に聴いていただきたいです!」などとコメントしている。

【日曜日】
◆日本テレビ系「ゼロ 一攫千金ゲーム」
7月15日 夜10時~
出演:加藤シゲアキ、間宮祥太朗、小関裕太ほか
「ゼロ 一攫千金ゲーム」の主演を務めるのは、NEWSの加藤シゲアキ。数ある連続ドラマの助演、そして深夜では主演の経験もある加藤だがゴールデン・プライム帯の連続ドラマで主演を担うのは今回が初となる。原作は、「カイジ」や「アカギ」などでおなじみの福本伸行の人気コミック「賭博覇王伝 零」(講談社週刊少年マガジン)。建設中のアミューズメントパーク「ドリームキングダム」が舞台となっており、そこで挑戦者たちによる「命」をかけた壮絶なサバイバルゲームが繰り広げられる。「ゲームに勝てば1000億円」人生の一発逆転を目指し、「命がけのゲーム」に身を投じる若者たちが助け合い、笑い合い、真の友情を紡ぎ上げていく物語だ。

主題歌:NEWS「生きろ」
主演の加藤シゲアキが所属するNEWSの新曲「生きろ」が主題歌に決定した。NEWSは今年15周年で、メンバーである小山慶一郎、増田貴久、手越祐也それぞれが、非常に重要な役どころでこのドラマに友情出演することも発表されており、この共演について加藤は「メンバーと芝居をするのは少し照れ臭さもありますが、この機会をできる限り楽しみたいです。」とコメントしている。同曲のCDリリースなどの発表はまだないが、7月7日正午から放送される日本テレビ系大型音楽番組「THE MUSIC DAY」にて、新曲「生きろ」を初披露した。

株式会社イータレントバンク

【関連記事】

  • 綾瀬はるかは母親、石原さとみは華道家の令嬢、吉岡里帆は新人ケースワーカーに!…2018年 夏ドラマを主題歌と共にチェック!【前編】
  • 綾野剛、星野源の人柄の“例え”にファン「さすが」「愛やばくない?」
  • 波瑠と東出昌大の夫婦オフショットに「こんな人が隣にいてほしい!」「夫婦感漂ってますね」
  • NEWS・手越、不調の増田へのフォローにファン称賛「テゴマス愛」「涙が出た」
  • 土屋太鳳、“三角関係”の初恋を告白「まぁしょうがないか」
土屋太鳳