MISIA、20周年記念ツアーが開幕 GReeeeNとのコラボ曲を初パフォーマンス

Photo by AKI

MISIAがデビュー20周年を記念し、全国ツアー『20th Anniversary MISIA 星空のライヴX Life is going on and on』がついにスタート、自身の誕生日でもある7月7日(土)に東京・国際フォーラムにて公演を行った。

【この記事の関連画像をもっと見る】

MISIAは先日、TBSテレビ火曜ドラマ『義母と娘のブルース』の主題歌に決定している新曲を発表したばかり。新曲はMISIA×GReeeeNの初コラボレーション楽曲ということで、各方面から注目を浴びている。

新曲の発表から2日が経った本公演には、開場前からMISIAの20周年と誕生日を祝うたくさんのファンが会場に集まり、会場内に響く小鳥の鳴き声とステージに浮かぶグリーンの光に包まれながら、ライヴの開演を今か今かと待ち望んでいた。幕があがるとそこは天の川がかかったような星空が一面に広がる幻想的な世界。国際フォーラムを手拍子と歓声が包み、MISIAがステージに登場するとすぐにライブはスタート。ツアータイトルにもふさわしい名曲「星の降る丘」が披露された。

全編生演奏にこだわり2001年から開催され続けている今ツアーシリーズ“星空のライヴ”は、今回で10回目。MISIAの圧倒的な歌声を楽しむには最適なライブスタイルだという認識も強く、そのイメージを体感させるかのようにセットリストには往年のヒットソング「Everything」をはじめ、「眠れぬ夜は君のせい」「果てなく続くストーリー」など、バラードの女王という立ち位置を確立させたMISIAの唯一無二の渾身パフォーマンスが続々と披露されていく。

この日の目玉となったのは、先日発表されたばかりの新曲「アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN)」の初パフォーマンス。編曲を担当した亀田誠治氏のアレンジをバンドが再現しイントロが流れ出すと、観客は一気に引き込まれ、一音一音を聴き逃さぬよう懸命に耳をすます。「あのね~」と印象的な呼びかけからMISIAが歌いだすと、その呼びかけに応えるかのように体を揺らし楽曲に込められた“愛のメッセージ”を全身で受け止める。楽曲の中で何度も繰り返される「大好き」というフレーズをはじめとする印象的な愛の言葉は、MISIAとHIDE(GReeeeN)が様々な愛を想い、愛の応援ソングとして伝えたいメッセージだという。

ドラマの初回放送を前に初めて楽曲を耳にしたであろう観客の反応は、まさに「感動」の一言に尽きたようだ。パフォーマンスが終わると同時に喝采の大声援が会場に沸き起こった。

今ツアーは2019年2月まで続くロングラン公演。MISIAのいま届けたい「アイノカタチ」を受け取ろう。

【関連記事】

  • MISIA 度肝を抜くダイナミックな照明・演出のもと横アリでデビュー20周年記念ライブ開催
  • MISIA 桜島をバックに世界遺産登録記念ライブ開催、映画『SING』での歌唱曲も初披露
  • MISIA 全長25メートルの巨大キングコブラが出現、4年ぶりツアーセミファイナル公演終了
  • MISIA 奈良・春日大社で数千本のキャンドルが灯されるなか公演、清水ミチコとのセッションも
  • MISIA 『星空のライヴIX』バースデー公演で新曲「SUPER RAINBOW」をサプライズ披露
MISIA