w―inds.がダンス&ボーカルフェス開催 アジア進出も視野

w―inds.

 3人組ダンスボーカルグループ「w―inds.」主催のフェス「w―inds.Fes ADSR2018―Attitude Dance Sing Rhythm―」が7日、都内で行われ、w―inds.を慕う計14組のダンスボーカルグループが集結。5000人の観客をダンスと歌で熱狂させた。

 ダンスボーカルグループばかりが集まったフェスは国内初。w―inds.の橘慶太(32)は「僕たちは今年18年目なのですが、新しい才能がある子たちがいっぱいいます。ダンスボーカルグループみんなで一つの渦を作りたいというのがきっかけです。日本のダンスボーカルグループにはこれだけ実力がある。本当にうまいですから、今日のフェスをもっともっと広めていきたいなと思います」とフェスの開催を決めた理由を明かした。

 最後にステージに立ったw―inds.は新曲「Temporary」など自身の曲だけではなく「Da―iCE」など、フェスに出演した11組のグループとのコラボも披露。自分たちより若いグループとの共演に、橘が「年取ったなと思いました。全員がかわいいなって」と言えば、緒方龍一(32)も「みんなメッチャいい子たち」と大絶賛した。

 2年前から構想して、今回のフェスが実現した。w―inds.は早くも次回開催に意欲を見せた上で「アジアでもこういう活動をやって、アジアのダンスボーカルグループとも一緒にやりたいです」(橘)とアジア進出という目標も掲げた。

【関連記事】

  • w―inds.7月に初の音楽フェス開催 橘慶太「世代を超えたエンターテインメントを作りたい」
  • 松浦亜弥が夫・橘慶太の個人事務所へ移籍
  • 藤本美貴があやや結婚を祝福「最高の家族作って」
  • ライジングプロ所属アーティストが風評被害残る福島を支援
  • 橘慶太 、 緒方龍一 、 Attitude を調べる
inds