辺見えみりが母を語る姿に坂上忍「あんな顔を見たの初めて」

7/6(金) 19:00配信

「直撃!シンソウ坂上」MCの坂上忍

7月5日放送の「直撃!シンソウ坂上」(フジテレビ系)に辺見マリがゲスト出演、自身が陥った地獄のような洗脳生活の真相について告白した。

【写真を見る】辺見えみりが母親の洗脳について当時を回想した

西郷輝彦との電撃結婚で芸能界を引退した辺見マリだったが、その9年後に離婚。残された一家を支えるために芸能活動を再開するもうまくいかず、世間からの嘲笑的な声もあって精神的に疲弊していってしまう。

そんな折に出会ったのが「拝み屋」と呼ばれる女性で、この人との出会いが後に13年間続く洗脳生活の始まりとなってしまう。

悩みを言い当てる拝み屋に対してすっかり心酔してしまったマリは、次第に拝み屋からの金銭の要求に応えてしまうように。

この時の様子に、VTRで出演した娘の辺見えみりは「私は歌っている母親が大好きで尊敬したいたので、歌を捨てて修行に行くんだろうって?いう謎しかなくて」と困惑し、拝み屋のところに頻繁に通うになったマリに対して「いろいろしだしたころからヤバイ」と思っていたのだという。

だが、洗脳されていくマリに対してえみりは信頼だけは捨ててなかった。いつか戻ってくるその日に「おかえりと言ってあげられるように、自分がちゃんとしてないといけないなと思っていた」と。一方で悩みを周りの誰にも打ち明けられない苦悩もあった。

お金を工面できなくなるとえみりの芸能活動の契約金にまで手を出してしまっていたというマリ。

家族を守るために必死になったものの実際には「不幸にしていました、家族を」と語り、当時は気付けていなかったことを明かした。

結果的に洗脳は拝み屋の失踪によって解決したものの、この間にこじれてしまった母娘関係の修復には長い年月がかかってしまった。

番組最後にはえみりからマリに宛てた手紙が読み上げられ、「私はもう恨むとか、この時こうならなければ良かったとか、そんな事は思っていません。」「残った私達家族で楽しい時間をつくっていこうね。」というメッセージにマリは涙をこらえきれない様子。

これにはMCの坂上忍も「えみりちゃんのあんな顔を見たの初めてでした」と明かし、その真摯(しんし)な姿勢に「今まで以上に大好きになりました、彼女のこと」と語った。

次回の「直撃!シンソウ坂上」は7月12日(木)夜7時57分から2時間SPを放送予定。(ザテレビジョン)

【関連記事】

  • 西郷輝彦と娘・辺見えみりがテレビ初共演…初めての告白に思わず涙
  • 西城秀樹さんの奥様が語る最期の22日「ほんとうに幸せな時間でした」
  • 坂上忍、診療報酬不正受給の医師・脇坂英理子に「あんたむちゃくちゃなんだよ!」
  • 本仮屋ユイカ、戸塚ヨットスクールの教育方針に絶句
  • 坂上忍、薬丸裕英・石川秀美夫妻のラブラブぶりに「俺は何しにハワイに来たの」
姿